1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. みずがめ座(クンバ)2/15〜3/14生まれ【インド占星術】

みずがめ座(クンバ)2/15〜3/14生まれ【インド占星術】

2,624

mayu_mizugame

8月15日〜9月14日の運勢は?

人から頼まれたり、誘われたりなど人付き合いが広がっていく時です。仕事に繋がる関係もあれば、趣味のつながりや昔からの友人など、バリエーションに富んでいて非常に多忙になりそう。

もともと言動が軽やかで、何かと人に頼られたり相談を受けたりすることが多いあなたのこと、今月に関しては優先順位をつけて、時にはお誘いをお断りすることも必要になってきます。

暑い夏、無理を重ねるとダウンしてしまうかも。断ること、先送りにすることも視野に入れて、たまには一人の時を過ごすことも必要です。時間管理を心掛けて、乗り越えていきましょう。

LOVE

恋愛に関しては、腐れ縁のような関係が復活しそうな予感が。上手に対応しないとストーカーまがいの行動をされる危険もありますので、ご注意を。

思い込みが激しい人、信念を持っている人、強い人に関わる機会が多い時。引きずられてしまうこともありそうです。ただ、あなた自身はあまり恋愛モードにはなりにくい時。軽いお付き合いに留めておくのが無難です。

BUSINESS

仕事では責任を果たすといった場面が多々訪れるでしょう。あなたの指示がないと先に進めないといった場面がでてきそう。ステップアップのために乗り越えないといけないステージです。

特にフリーランスや自営業など、自分の責任で仕事をされているかたは、正念場といってもいい時期。この時期の頑張り・踏ん張りが9月以降の流れを左右する重要な局面です。

TO DO

夏は海外へ、南の島など解放感を感じられる場所へ。

※インド占星術では、約8割の人が、西洋占星術の太陽星座から一つ手前にずれます。

8月15日〜9月14日の全体運
みずがめ座(クンバ)2018年の運勢は?
「吉野まゆのインド占星術」とは?

カフェグローブのほかの占いも見る

物事の流れが紆余曲折しがちに。8月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

[8月は物事の流れが紆余曲折しがち]占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けします。毎月、月初に...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/ousaka_2018_august.html

【haruの恋占い】8月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年8月は、刺激ではなく静寂を求めるとき。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/haru_2018_august.html

Image via Shutterstock

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    みずがめ座(クンバ)2/15〜3/14生まれ【インド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。