1. Home
  2. ライフスタイル
  3. あなたの瞳に合うシャドウ、スマホが教えてくれます

あなたの瞳に合うシャドウ、スマホが教えてくれます

1,712

目元をキリッと際立たせるための引き締め色には、何色を使っていますか? 黒でしょうか。

実は瞳の色に合うブラウンのアイシャドウを選んでメイクを瞳に同化させるほうが、目元を自然に大きく見せることができると言われています。

いやいや、わたしの瞳は黒なんで。と、思われたかたもいるでしょう。ある意識調査(※1)では、74%の女性が自分の瞳の色を「黒」と回答しています。しかしながら資生堂「マキアージュ」の計測(※2)によれば、一見すると黒でも実際にはブラウンであることがわかりました。同時に、同じように見える色でも、瞳の明るさや鮮やかさには個人差があることも明らかに。

では、一体全体、自分に似合うブラウンとは?

この問いに即答してくれるのがスマホ向けコンテンツ「I (EYE) SHADOW。資生堂独自技術により、人によって異なる明るさ・鮮やかさによる瞳の色を自動解析し、結果に基づいてぴったりのブラウンを提案してくれるのです。

20180726_ishadow_1

20180726_ishadow_2

測定方法は簡単で、サイトにアクセスしたら、スマホのインカメラで顔写真を撮影するだけ。つややかか、ナチュラルか。メイクの好みの仕上がり別に、似合うブラウンが提案されます。しかも、それぞれ、より効果的なメイクアップ法のHOW TOムービーつき

20180726_ishadow_3

なんとなくコレかな?の認識に確信を

普段から赤みブラウンを選ぶ傾向にあった筆者がI (EYE) SHADOWを試してみると、瞳の色が明るいとの判定から、つややかな仕上がりではマキアージュ ドラマティックスタイリングアイズD RD312 ショコラフランボワーズ(写真下・中段左)が似合う色との提案が。

20180726_ishadow_4

なんとなく赤み系か……? とぼんやり思っていた方向性が正しかったことで、これからは自信を持ってブラウンが使えそうな気持ちになれました。

20180726_ishadow_5

興味が湧いた皆さん。結果をツイッターでシェア、さらにマキアージュ公式ツイッターをフォローすると抽選で新色アイシャドウが当たるキャンペーンが実施されているので、試してみるなら今がおすすめです。

※1 トレンダーズ「瞳の色に関する調査」(2017年)N=116(日本・全国)

※2 お客さま研究結果(2016年)N=204(日本・東京)

I (EYE) SHADOW

URL:https://www.ieyeshadow.jp ※スマートフォン専用コンテンツ

*こちらもおすすめ

自分らしく、欲張りに。メイクの自由度を無限大にする「絵の具」コスメ

資生堂の「PLAYLIST」から、顔のパーツどこにでも使える「マルチペインター」が登場。絵の具のチューブのようなパッケージに入った、鮮やかな発色を誇...

https://www.cafeglobe.com/2018/02/playlist.html

「メイクしても疲れて見える」を解決するベースメイク術

いつも活力に満ち、周りの人を惹きつけてやまない美容家・山本未奈子さん、経営者・青木愛さん、女医・三宅真紀さん、美容家・深澤亜希さんの美容賢者4人に美...

https://www.cafeglobe.com/2018/02/162243face_basemakeup.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    あなたの瞳に合うシャドウ、スマホが教えてくれます

    FBからも最新情報をお届けします。