1. Home
  2. ライフスタイル
  3. フルマラソンを完走しても落ちないメイク術

フルマラソンを完走しても落ちないメイク術

Choose Your Beauty —美しいは自分が決める—

1,410

メイク崩れが気になる夏。どんなシーンでも絶対に落ちないメイクを、人気ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんに教えてもらいましょう。

汗をかいても絶対落ちない!

雑誌・広告・映像などの第一線でモデルや女優のヘアメイクを手がけ、「崩れないメイク」に定評がある長井さん。『美しくなる判断がどんな時もできる』『必要なのはコスメではなくテクニック』などの著書で、そのテクニックを披露しています。

1808_kaorinagai_2

長井かおりさん

長井さんによると、「夏だからといって、さっぱりケアは NG!」

夏の肌は、紫外線も浴びているし、冷房によって乾燥も。夏でも肌をモチモチに仕上げることが重要なのだそう。

そんな長井さんがおすすめする「汗をかいても絶対に落ちないファンデーション術」は、こちら。

方法は、いつものファンデーションを濡れたスポンジでトントンと叩き込むだけ。

さらに顔全体にミネラルパウダーやルーセントパウダーを混ぜたものをのせると、より強力になり落ちません。

最後に、ミストローションをかぶりましょう。

『美しくなる判断がどんな時もできる』より引用

スポンジを濡らすことで、ファンデーションの密着度がいつもより高くなり、仕上げにミストローションをかぶると、さらにメイクが水を吸って、肌に密着するのだそう。

1808_kaorinagai_3

ポイントは、写真のように、「ミストを天井に向かって噴射させ、落ちてくるミストを顔でキャッチすることを 1~2回繰り返す」こと。

ツヤッとした質感を残しながら、メイクがピシッと密着してくれます。

フルマラソンを走っても絶対に落ちない!

それでも「真夏の外回り営業は、すぐにメイクがドロドロになっちゃう」「夏のビーチやエクササイズでも、崩れ知らずになりたい」というのが本音でしょう。

長井さんは、「これをすればフルマラソンでも絶対に落ちない!」と自信をもって強調します。

その秘訣も、やはり「水のちから」を借りること。

1808_kaorinagai_4

「リキッドファンデーションを、クリーミーなものでなく、二層式の水っぽいものにしてみましょう」と長井さん。

肌に伸ばすとファンデーションが固まり、肌に薄くピタッと密着して、とても崩れにくいのだそうです。

ポイントは、まず全体に薄く伸ばして、もう一度、美肌ゾーン(目の下から頬骨の高い位置、こめかみまで)に重ねます

もちろん最後にミストを忘れずに。

* * *

「どんな状況でもメイクのキモさえ知っていれば、自分を最高に見せることができますよ」と長井さん。

『美しくなる判断がどんな時もできる』には、そんなメイクのキモを押さえた96のテクニックが掲載されています。「汗や号泣でも落ちないアイメイク」「うっかり日焼けの対処法」など、この時期知りたい技が色々。さあ、テクを身につけて酷暑を乗り切りましょう。

1808_kaorinagai_5

美しくなる判断がどんな時もできる

著者:長井かおり
発行:ダイヤモンド社
定価:1,620 円(税込)


写真:長井かおり『美しくなる判断がどんな時もできる』ダイヤモンド社刊(撮影・鈴木希代江/2枚目)、Image via Getty Images

*こちらもおすすめ

たるみレスな美容賢者の「無重力コスメ」を拝見!

たるみのメカニズムや、自分がなりやすいたるみタイプは分かった。では、実際のたるみケアにはどんなものがあるの? 重力などかかっていないかのように美しい...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/beauty_cosme.html

夏の不快は欧米でも一緒。海外のビューティー事情

欧米の働く女性たちは、暑い夏にどのような美容の工夫をしているの? 彼女たちが愛用している、エフォートレスに夏を快適に過ごす海外コスメを紹介します。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/cosmesummer.html

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    フルマラソンを完走しても落ちないメイク術

    FBからも最新情報をお届けします。