1. Home
  2. ライフスタイル
  3. フルマラソンを完走しても落ちないメイク術

フルマラソンを完走しても落ちないメイク術

Choose Your Beauty —美しいは自分が決める—

メイク崩れが気になる夏。どんなシーンでも絶対に落ちないメイクを、人気ヘアメイクアップアーティストの長井かおりさんに教えてもらいましょう。

汗をかいても絶対落ちない!

雑誌・広告・映像などの第一線でモデルや女優のヘアメイクを手がけ、「崩れないメイク」に定評がある長井さん。『美しくなる判断がどんな時もできる』『必要なのはコスメではなくテクニック』などの著書で、そのテクニックを披露しています。

1808_kaorinagai_2

長井かおりさん

長井さんによると、「夏だからといって、さっぱりケアは NG!」

夏の肌は、紫外線も浴びているし、冷房によって乾燥も。夏でも肌をモチモチに仕上げることが重要なのだそう。

そんな長井さんがおすすめする「汗をかいても絶対に落ちないファンデーション術」は、こちら。

方法は、いつものファンデーションを濡れたスポンジでトントンと叩き込むだけ。

さらに顔全体にミネラルパウダーやルーセントパウダーを混ぜたものをのせると、より強力になり落ちません。

最後に、ミストローションをかぶりましょう。

『美しくなる判断がどんな時もできる』より引用

スポンジを濡らすことで、ファンデーションの密着度がいつもより高くなり、仕上げにミストローションをかぶると、さらにメイクが水を吸って、肌に密着するのだそう。

1808_kaorinagai_3

ポイントは、写真のように、「ミストを天井に向かって噴射させ、落ちてくるミストを顔でキャッチすることを 1~2回繰り返す」こと。

ツヤッとした質感を残しながら、メイクがピシッと密着してくれます。

フルマラソンを走っても絶対に落ちない!

それでも「真夏の外回り営業は、すぐにメイクがドロドロになっちゃう」「夏のビーチやエクササイズでも、崩れ知らずになりたい」というのが本音でしょう。

長井さんは、「これをすればフルマラソンでも絶対に落ちない!」と自信をもって強調します。

その秘訣も、やはり「水のちから」を借りること。

1808_kaorinagai_4

「リキッドファンデーションを、クリーミーなものでなく、二層式の水っぽいものにしてみましょう」と長井さん。

肌に伸ばすとファンデーションが固まり、肌に薄くピタッと密着して、とても崩れにくいのだそうです。

ポイントは、まず全体に薄く伸ばして、もう一度、美肌ゾーン(目の下から頬骨の高い位置、こめかみまで)に重ねます

もちろん最後にミストを忘れずに。

* * *

「どんな状況でもメイクのキモさえ知っていれば、自分を最高に見せることができますよ」と長井さん。

『美しくなる判断がどんな時もできる』には、そんなメイクのキモを押さえた96のテクニックが掲載されています。「汗や号泣でも落ちないアイメイク」「うっかり日焼けの対処法」など、この時期知りたい技が色々。さあ、テクを身につけて酷暑を乗り切りましょう。

1808_kaorinagai_5

美しくなる判断がどんな時もできる

著者:長井かおり
発行:ダイヤモンド社
定価:1,620 円(税込)


写真:長井かおり『美しくなる判断がどんな時もできる』ダイヤモンド社刊(撮影・鈴木希代江/2枚目)、Image via Getty Images

*こちらもおすすめ

たるみレスな美容賢者の「無重力コスメ」を拝見!

たるみのメカニズムや、自分がなりやすいたるみタイプは分かった。では、実際のたるみケアにはどんなものがあるの? 重力などかかっていないかのように美しい...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/beauty_cosme.html

夏の不快は欧米でも一緒。海外のビューティー事情

欧米の働く女性たちは、暑い夏にどのような美容の工夫をしているの? 彼女たちが愛用している、エフォートレスに夏を快適に過ごす海外コスメを紹介します。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/cosmesummer.html

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 成功する人は完璧主義者ではない? パタゴニア創始者は「80%の男」

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「私やります」で疲れてない? 女性は男性より雑務を引き受けがち

    7. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    8. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    9. 寝ている間に肌をリセット。ロクシタンから初の夜用美容液

    10. みんなの悩みはこれだった。美容アンケート結果発表!

    1. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. レンズ越しに、人間本来の「美しさ」を見つめてきた/写真家・ヨシダナギさん

    5. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    6. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    3. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    6. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    フルマラソンを完走しても落ちないメイク術

    FBからも最新情報をお届けします。