1. Home
  2. キャリア
  3. 「私やります」で疲れてない? 女性は男性より雑務を引き受けがち

「私やります」で疲れてない? 女性は男性より雑務を引き受けがち

キャリアアップにはまったく影響しないけど、誰かがやらなきゃいけない雑用・雑務。そんな仕事をついつい引き受けてしまっていませんか?

ライフハッカー(日本版)の記事で紹介された、社内雑務をチームで分散する方法を参考にして、一部の社員に偏っている負荷を和らげましょう。

20180816_lh_sharetask

女性は男性にしびれを切らしている?

実は、男性社員と比べ、女性社員はキャリアアップには関係がない雑務を率先して引き受けてしまうという実験結果が報告されています。

これは3人1組のグループに、引き受けた人が損する雑務を提示し、時間内に誰かが「自分がやる」と申し出るかどうかを実験したもの。

特筆すべき点として、申し出た人の割合には男女で差がありました。10回行われた試行の平均を取ると、女性が申し出る確率は男性より48%高くなりました。しかも、10回の試行のうちどれをとっても、この差はほぼ一定だったのです。
ライフハッカー(日本版)より引用

さらには女性が雑務を引き受けたのは、男女混合のグループの場合のみで、女性だけのグループの場合、引き受ける確率は男性とまったく変わらなかったのだとか。

では、どうやって解決する?

この問題の具体的な解決策は、タスクを持ち回り制にすること

社員全員で使うケトルの洗浄、ホワイトボードの掃除、細かなデータ集計など、誰かがやる必要があるけれど、当番が決まっていない仕事ってありますよね。そんな仕事を「今週はこの人、来週はこの人」のように、当番を明記してしまうことで、担当者の偏りをできるだけ減らせます

「リフレッシュルームでの社員の誕生パーティーを取り仕切ったことがない? それはよかった! 今日やればきっと覚えられるよ!」というわけですね。
ライフハッカー(日本版)より引用

当番制でおきるうれしい変化

雑務作業を社員全員の持ち回り制にすることには、2つのメリットがあります。1つはもちろん、女性社員へ偏った負担が是正されること。もう1つは、社員全体に雑務も含めてチームの仕事であると自覚が生まれることです。

キャリアアップに関係のない仕事が一部の社員に偏っている場合は、持ち回り制などで負担を分散しましょう。今よりも良いチームワークが生まれるキッカケになるかもしれません。

ライフハッカー(日本版)

Image via GettyImages

*こちらもおすすめ

長〜いToDoリストにウンザリしそう?

ToDoリストでタスク管理をしているのに、やるべきことが終わらない!それはToDoリストの使い方が間違っていますよ。気分よくタスクを完了させるコツを...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/divide_todo.html

みんながいいね! といえる職場を。「働く人改革」の4つの視点

働き方改革イコール残業削減、長時間労働撲滅、無駄な仕事を減らそう、という考え方は少し安直なのかもしれません。沢渡あまね著『働く人改革』 より、働き「...

https://www.cafeglobe.com/2017/11/065752book.html

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    「私やります」で疲れてない? 女性は男性より雑務を引き受けがち

    FBからも最新情報をお届けします。