1. Home
  2. キャリア
  3. 管理職のみなさんが、負担に感じていることは?

管理職のみなさんが、負担に感じていることは?

1,557

shutterstock_1091971877

日頃、管理職が負担に思っていることって何でしょう?

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社が実施した「管理職の業務負担実態調査」によると、管理職が負担に感じていることの1位は、「管轄部門・チームの生産性向上」であるということがわかりました。

その数、739人中の43%

実に半数近くが結果ヘのコミットに負担感を感じているということになります。

lifehack_main

次いで「従業員の成績向上(ベテラン社員)」(32%)。若い社員よりもベテラン社員の成績向上に手こずっていることが分かります。

「多様化する働き方・社員への対応」(24%)。リモートワークや時短勤務など、新しい働き方へどう対応していいのか、多くの管理職が悩んでいるようです。

さらに全体の3割近くはこれらのミッションを複数同時に求められているという回答も。負担感が増すのもうなずけますね。

では、どうすれば負担が減るの?

会社に求める解決策やサポートを聞いてみました。

人員の増加(即戦力人材の中途採用)……41%
業務管理システムの導入(生産性・パフォーマンス分析)……26%
人員の増加(ポテンシャル人材の中途採用)……24%

と、とにかく生産性向上に即効性を求める管理職が多いよう。

反面「管理職への残業代支給」(10%)、「管理職の残業規制」(7%)など、自身の待遇に関する項目は低く、それだけ状況に「待ったなし」の緊迫感があるとも言えそうです。

そもそも、なぜそこまで負担感が増えている?

従来、管理職に求められていたのはマネジメント力でした。予算を管理し人員を最適化し、プロジェクトをつつがなく完了させることが最大のミッションだったのです。

けれども現在求められているのは、マネジメント力だけでなく、リーダーシップ力も必要に。

これを理解できていないと、きちんと頑張っているのに評価されない、結果が出ない、ということになるようです。

管理するだけでなく、先頭に立ち結果を出すリーダーへと、求められることが大きくシフトしている今。

あなたはこのシフトにきちんと対応できているでしょうか。

ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社

*こちらもおすすめ

上司は漫画を読んでいる。でもいつ、どこで?

漫画を読む頻度が最も高く、読む時間が長い女性は、なんと幹部・経営層に多い、という驚きのリサーチ結果が届きました。みんな、いつ、何を読んでいるの?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/manga.html

副業でもっと稼ぎたい? このスキルがあなたを後押しする

副業を解禁する企業が増えてきたといいますが、実際のところは? 実態調査で意外な結果が見えてきました。

https://www.cafeglobe.com/2018/06/side_business.html

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    管理職のみなさんが、負担に感じていることは?

    FBからも最新情報をお届けします。