1. Home
  2. キャリア
  3. ITエバンジェリスト若宮正子さんの、やる気スイッチは「口紅」

ITエバンジェリスト若宮正子さんの、やる気スイッチは「口紅」

20180817_masakowakamiya

81歳でゲームアプリ「hinadan」を開発し、Apple社のティム・クックCEOをはじめ、世界から一躍、注目を集めた若宮正子さん。

政府の「人生100年時代構想会議」の有識者議員を務め、2018年2月には国連総会で英語での講演を行うなど、国内外で引っ張りだこのグローバルな活躍をされています。

講演では、その実績とともに、チャーミングで人を惹きつける魅力的な人柄でも注目される若宮さん。定年まで三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)に勤めた経験も持つ彼女に、仕事を続ける上での美学や、女性としての美の秘訣を伺いました。

仕事は使命で、生きがいです

——若宮さんにとって、「仕事」とは?

「(宗教に限定された狭い意味の神様ではなく)神様から与えられた“使命”や“生きがい”のようなもの。『まずやってみる』を座右の銘に、新しいことに恐れずに挑戦しています」

精いっぱい努力して楽しみたい

——いくつになっても、仕事を続けていくための秘訣は?

どんな仕事でもそこに興味を見出し、積極的に、楽しくやること。せっかく与えられた仕事ですから、人のため、自分のために精いっぱい努力して、楽しみつつ生きたいと思っています」

ところで、若宮さんの美容法おしえて!

20180817_masakowakamiya_2

御年83歳にして、どんな大物を前にしても動じない、自然体で凛とした美しさを備えた若宮さん。

ところが驚いたことに、美容で心がけていることは特になく、普段の美容法も実にシンプル。

冬にクリームで保湿するくらいだそう。

基本的にいつもすっぴんですが、外出時は気持ちを奮い立たせるための口紅を欠かさないとのこと。

好きな仕事を続ける充実した毎日が、彼女を内側から輝かせているようです。

読者のみなさん、全力で仕事や生活にコミットを

そんな若宮さんから、働く女性に向けてのメッセージがこちら。

「今の女性は本当に優秀です。ぜひ、ご自身に自信を持って、仕事に社会生活に、全力でコミットしていただきたいと思います」

20180817_masakowakamiya_3-2

明日のために、心にたくさん木を育てましょう

著者:若宮正子
発行:ぴあ
価格:1,188円(税込)

写真提供:ぴあ


*こちらもおすすめ


MASHING UP(マッシングアップ)/キャリアウーマンの大先輩、80代のプログラマーが伝えたいこと

81歳でゲームアプリ「hinadan」を開発し、Apple社のティム・クックCEOからも賞賛されたプログラマー若宮正子さんが、ビジネスカンファレンス...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/mu_wakamiya-1.html

MASHING UP(マッシングアップ)/世界最高齢プログラマーの次なる挑戦/若宮正子

「マーちゃん、ようこそ」パソコン画面に表示されたこのメッセージが全ての始まりでした。世界最高齢のプログラマー若宮正子さんは、60歳からパソコンとイン...

https://www.cafeglobe.com/2018/01/mu_wakamiya.html

中島理恵

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    4. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. メンターと呼べる存在、いる? NOなら、ここで出会えるかも

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 人生に行き詰った時、抜け道を見つけるヒントは意外と身近にあります

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    2. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    ITエバンジェリスト若宮正子さんの、やる気スイッチは「口紅」

    FBからも最新情報をお届けします。