1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「セックス・アンド・ザ・シティ」に並ぶ!?「The Bold Type」が深くて面白い

「セックス・アンド・ザ・シティ」に並ぶ!?「The Bold Type」が深くて面白い

The New York Times

先ごろシーズン2が終了した米国のTVドラマ『The Bold Type』は、ニューヨークに暮らす若い女性3人組を主人公に、彼女たちのキャリアや恋の悩み、職場の同僚や友達、家族との関係をリアルに描いて、多くの視聴者の共感をよんだ。

かつての『セックス・アンド・ザ・シティ』を彷彿させるストーリーだが、華やかなニューヨークのクラブシーンや、元彼との再会といった定番ネタをおさえつつ、人種的ダイバーシティが叫ばれ、#MeToo運動が拡がる米国社会のなかで、女性はどう生きていくべきかを思わず考えさせられる、深みを持った作品だ。

日本にはまだ未上陸ながら、放映されたら大ヒットしそうな予感もする『The Bold Type』。主要キャラクターを演じる俳優たちのインタビューとあわせて、一足先にその世界を探ってみよう。

20180822_nyt_theboldtype_1

『The Bold Type』の主人公3人組を演じる、左から、メーガン・ファヒー、ケイティ・スティーブンス、アイシャ・ディー(Francois Ollivier/The New York Times)

欠点も弱さも丸ごと等身大の女性像

主人公たちは全員、『コスモポリタン』をモデルにした大手女性雑誌で働いているという設定。

黒人と白人、異なる人種の両親を持ち、男女両性を愛するカット(アイシャ・ディー)は、ソーシャルメディア部門のトップで、会社初の黒人女性取締役ともてはやされることに違和感と抵抗を感じている。

一方、記者のジェーン(ケイティ・スティーブンス)は、ダイバーシティをうたいたい編集部の意向で望みのポストが得られず、これまで白人であるだけで与えられてきた特権を意識せざるをえない。

そして、アシスタント・スタイリストのサットン(メーガン・ファヒー)は、アルコール依存症の母親のことで思い悩んでいる。

The Bold Typeさん(@theboldtypetv)がシェアした投稿 -

登場するのは、フェミニズムが新しい段階を迎えている世の中で、自分のアイデンティティを模索して、仕事でもプライベートでもあがき、傷つき、奮闘する等身大の女性たち。「世界のどこにでもいる20代の女性の物語」とカット役のアイシャ・ディーも言っている。さまざまな状況で交わされる会話など、セリフも真に迫っていて納得できると評判だ。

シーズン3の撮影の合間をぬって、メインキャラクターを演じる3人がインタビューに応じてくれた。

女の友情で描きたかったもの

Q:女性たちの友情を描くこの番組が目的としているものは何でしょう?

ケイティ・スティーブンス:私自身の現実の女友達がそうしてくれるように、お互いを助け合う女性の姿をみせたいのだと思う。それに、足をひっぱりあっているより、支え合っている女の子を見るほうが楽しいじゃない。

メーガン・ファヒー:ケイティに賛成。女同士の対立は話としては面白いかもしれないし、だから、映画でもTVでもそういうドラマがたくさんあるのだと思うけど。『The Bold Type』が違うのは、登場人物がみんないい人たちで、彼らの間では事件は起きず、取り巻く環境のなかで衝突が生まれるところね。

アイシャ・ディー:それに、家父長的な、上から抑えつけようとしてくる力に対抗するために、私たちは互いに助けあう必要もある。1人では乗り越えるのが難しいときは、友達からの手助けがいるもの。だから、このドラマを観てくれる人たちが自分自身や友達のつらい状況を打ち破るための、何がしかのインスピレーションになれればうれしい

The Bold Typeさん(@theboldtypetv)がシェアした投稿 -

女性雑誌はくだらない?

Q:女性雑誌をいまだに浮ついていてくだらない、取るに足らないものとみなす人もいますが、それに対して番組はどういうアプローチをしていますか?

アイシャ・ディー:中学生のころ、図書館の雑誌コーナーにもぐりこんで、ティーン向けマガジンをこっそり読んでた。読者からの質問にドクターが答えるページがあって、内容はもっぱらセックスと男の子についてだった。
私が通っていたのはキリスト系のすごく厳しい学校で、友達同士でそういう話をする雰囲気じゃ全然なくて。あのマガジンがなかったら、避妊も生理の仕組みも何ひとつ知らなかっただろうな

メーガン・ファヒー:女性雑誌はどうせ、セックスの体位と美顔クリームの話ばかりだろうと決めつけられているかもね。もちろん、そのトピックスのどこが悪いのとも言いたいけど、フェミニズムという大きな傘の下にあるほかの要素にも(番組を観ることで)気づいてもらえるようにしていると思う。あなた自身をどうケアすれば、自分を喜ばすことができるのか、どのようにして友達を愛するのかとか。

The Bold Typeさん(@theboldtypetv)がシェアした投稿 -

#MeToo運動で男女の関係は変わった?

Q:ドラマのなかで、サットンは雑誌社の重鎮である年上のリチャードと付き合いますが、結局別れてしまいます。彼らの関係は#MeToo運動を反映したもの?

メーガン・ファヒー:このドラマで私が本当にすごいと思ったのは、サットンとリチャードの関係の描き方だったわ。若い女性と社会的な地位と力がある年上の男性は、多くの場合、かなり違う風に表現されるものだから。でも、サットンは一度もリチャードから下に見られているとは感じてないし、2人の間には相手に対する愛と尊敬がある、それが基本。
#MeToo運動が、2人の関係自体を大きく変えてしまったとは思わない。それなのに、彼らが別れてしまった理由は、サットンが職場でみんなに何と言われるかを気にしたから。今の社会の現実を考えると、そういうストーリー展開になったことは興味深いわね。

The Bold Typeさん(@theboldtypetv)がシェアした投稿 -

女同士の恋も率直に描く

Q:カットと彼女の女性の恋人アデナの描き方は、ほかのドラマの同性カップルとどう違いますか?

アイシャ・ディー:2人の関係でステキに思うのは、コミュニケーションを大切にしているところ。何か問題が起きたら向き合ってきちんと話しあうのよ。そして、観ている人にはこの2人の女性が愛しあっているという事実がしっかり伝わってくる。こうした描き方は、20代向けのTVドラマではとても珍しいかも。

妊活やありのままのボディを愛することもテーマ

Q:一番心に残っている回は?

ケイティ・スティーブンス:ジェーンがお母さんを乳がんで失って、自分も遺伝子変異によるがんリスクがあると診断される一連のエピソードは、とても印象深かった。
私のフィアンセは子供のときに母親を乳がんで亡くしているの。ジェーンのセリフはどれも、私と彼が交わしたリアルな会話そのものだった。それから、ジェーンが妊活しようとする回は、母を失ったあとで子どもを持とうとしたとき、いかに精神的にしんどいのか、演じていて色々感じるところがあったわ。

メーガン・ファヒー:シーズン2の、サットンがみんなの人気者になろうとして、でも、チャラチャラしすぎにみられないかと不安になってくる回が好き。ほかのテーマにくらべると軽めの話だけど、最初に台本を読んだとき、とても共感したのよ

アイシャ・ディー:“自分の身体にポジティブに”がテーマの回は私にとって特別。脚本家チームに会いにいって、私の生まれつきのアザやお腹のシワを見せたいって伝えた。自分の身体に刻まれているものを、ありのままに祝福できる機会がもらえて最高だった

#TBT to the infamous subway scene. #TheBoldType

The Bold Typeさん(@theboldtypetv)がシェアした投稿 -

©2018 The New York Times News Service[原文:The Cast of ‘The Bold Type’ on Staying Current / 執筆:Amanda Svachula](抄訳:十河亜矢子)

*こちらもおすすめ

仕事で悔しい思いをしたときにおすすめのドラマ。元気出るよ〜

仕事で悔しい思いをした時には、海外ドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』の主人公カーラに元気をもらってみては?同ドラマは、働く女性の胸を打つ名...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/supergirl.html

人気の海外ドラマ『アウトランダー』に愛され術を学ぶ

仕事と恋愛の両立なんて無理! と、匙を投げちゃった人。海外ドラマ『アウトランダー』の主人公クレアの生きざまを見てみましょう。気性が荒く情熱的でたくま...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/outlander.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 新しく習得したいことがあるなら。独学のプロいわく「まず20時間」

    7. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    8. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    9. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    10. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    1. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    6. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    10. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    7. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    8. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    「セックス・アンド・ザ・シティ」に並ぶ!?「The Bold Type」が深くて面白い

    FBからも最新情報をお届けします。