1. Home
  2. 占い
  3. 2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】いて座

2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】いて座

4,113

ite_01

全体運

前半はこれまでの努力が実り、明るくのびやかに過ごせそう。職場では頑張りが評価されて、今以上のポジションに抜擢される人も。今月のあなたには夢を夢物語で終わらせない説得力のようなものが備わっています。実際、長いスパンでのあなたの読みはほぼ的中。

鋭い現状認識とお気楽で屈託のない人柄から、「愛すべき切れ者」と一目置かれる存在となることでしょう。人望を買われチームリーダーなどに担ぎ出される人も出てくるかもしれません。

8月7日からは支配星の木星が太陽と摩擦を伴う配置に。中旬までは気が緩みやすくなっています。夏休みは置き引きや盗難に気をつけましょう。また海外を旅する人は、現地での衝動買いに注意。

8月11日の部分日食は、将来の漠然とした不安を払拭するチャンス。今の環境や処遇に不満を覚える人は、転職や生活拠点の見直しなどが暗示されています。自らの成長に合わせてステージを移動することは、ある意味、当然の帰結であると星も告げています。

後半からは対外的に引き立てを受ける反面、心身の消耗が激しいとき。質のよい睡眠で体調のリカバリを。機能性の高い寝具への買い替えは◎。

ビジネス運

仕事の室にある天王星が8月8日より逆行を開始。マシントラブルや職場の機器の不調に注意。

データのバックアップはもちろんですが、不測の事態に対応するマニュアルも内々に準備しておいて。なお名刺の整理にツキあり。

ラブ運

8月19日は木星が海王星と調和。あと一歩の勇気が踏み出せない人は、お酒の力を借りましょう。意中の人との会話も弾みリラックスした時間が過ごせそう。赤ワインを愛飲するとラッキー。

カップルも宅呑みが盛り上がる暗示です。彼にはちょっと奮発したおもてなしを。

ラッキーアイテム

パスポート

8月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】8月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年8月は、刺激ではなく静寂を求めるとき。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/haru_2018_august.html

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

「高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!」 2018年7月15日〜8月14日の運勢は?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/india_july.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】いて座

    FBからも最新情報をお届けします。