1. Home
  2. 占い
  3. 2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】てんびん座

2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】てんびん座

3,078

tenbin_01

全体運

前半は「仲間に支えられて思いが実現する」と星が告げています。たとえ数は少なくても、あなたを丸ごと受け入れ信頼してくれる存在に救われるでしょう。自分の夢に耳を傾けてくれる相手は、親友であれ、後輩であれ唯一無二の存在に。あなた自身、夢や将来の展望を語るうちに、自分でも気がつかなかった新しい可能性に気付くはず。

8月8日は支配星の金星が火星と調和します。あなたにとって最良の選択を周囲が後押ししてくれる暗示が。留学や独立などのプランを温めている人は誰かに打ち明けてみて。

またレジャーなども、気の合う人と行動をともにすると◎。夏フェスなどフリーダムな雰囲気のイベントほど盛り上がりそう。

8月11日の部分日食は、先入観を捨てありのままの状況を受け取るよい機会に。公私ともこれまでの知識や経験則が通用しない状況に陥りがち。ささいな意見でも耳を傾け、きちんと汲み取る姿勢が事態を解決へと導きます。

なお8月後半は夏バテに注意。昔からある発酵食品に目を向けるとよいでしょう。甘酒などは滋養に富み体調を整えるおすすめの食材です。

ビジネス運

仕事に関する価値観が大きく変わろうとしています。8月26日の満月は雇用の室で発生します。それまでにできるだけ大勢の人と関わっておくとよさそう。何かに行き詰まった時は、こうした出会いからもたらされたアドバイスがしっくりくるかもしれません。業種やキャリアを横断したところに、あなたの欲しかった回答が隠れていそうです。

ラブ運

8月2日は恋の室にある火星が天王星と凶角。破局も辞さぬ覚悟でパートナーと本音をぶちまけるなど、捨て身の行動に走りがち。

8月8日からの天王星の逆行にともない状況がうやむやにされる恐れが出ています。交際中の人はまず衝動的な行動は慎むこと。まず友人や身内を味方に引き入れ恋人の情報収集を。

ラッキーアイテム

ショートパンツ

8月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】8月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年8月は、刺激ではなく静寂を求めるとき。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/haru_2018_august.html

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

「高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!」 2018年7月15日〜8月14日の運勢は?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/india_july.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】てんびん座

    FBからも最新情報をお届けします。