1. Home
  2. 占い
  3. 2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

5,130

uo_01

全体運

この夏はこれだけはやってみる、といったテーマを決めて自分を追い込むといいでしょう。仕事、資格取得、ダイエットなどジャンルを問わずストイックな姿勢が、運勢を輝かせます。

8月11日の部分日食は、今の自分に満足できない、新しい可能性に賭けてみたい、という気持ちが湧きあがってきそう。同時に人間心理の不可思議さに関心を寄せる人も出てくるかも。

バカンス中は心理学の本を読み漁ったり、実際にカウンセリングの勉強を志す人も。

夏休みはこうしたものへの準備期間にあて、8月19日以降に改めて行動をおこすと物事がスムーズに運ぶでしょう。支配星の海王星が、インテリジェンスを司る木星と調和するこのタイミングを狙えば、素晴らしい師や学びの場に辿り着く暗示が出ています。

後半、8月26日はうお座で満月が起こります。星は広い世界にメッセージを発信するようにと告げています。あなたの考えや企画するものの斬新さに多くの人が注目するでしょう。SNSを介したコミュニケーションとも親和性が高め。なにげなくつぶやいたひと言が、ウェブ上で思いのほかバズることも。

ビジネス運

日々、積み重ねられるスキルや経験が後日、大きな喜びにつながります。『継続は力なり』をモットーに取り組みましょう。

なおオフィスで懸案を抱えている人、問題が一気に進展することはありませんが、毎日少しずつ働きかけることで状況は好転します。新人教育などに携わる人は特にその傾向が顕著。相手の成長を見守ってあげて。

ラブ運

時間的な制約や予算からこれまで諦めていたことも、不思議とお膳立てが整う暗示が出ています。

8月中旬は、恋人とちょっと贅沢なバカンスに出かけてみて。本命の彼ほどあなたにリッチな体験を贈ってくれるでしょう。フリーの人も堅苦しい付き合いよりも、楽しい関係に目が向きやすい時です。息抜きも兼ねて飲み会などへの参加は◎。

ラッキーアイテム

Aラインのワンピース

8月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】8月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年8月は、刺激ではなく静寂を求めるとき。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/haru_2018_august.html

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

「高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!」 2018年7月15日〜8月14日の運勢は?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/india_july.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

    FBからも最新情報をお届けします。