1. Home
  2. 占い
  3. 2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】やぎ座

2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】やぎ座

4,164

yagi_01

全体運

前半は単独行動よりも、誰かと行動を共にしましょう。この時期のあなたは、見た目からは想像がつかないくらい、寂しがり屋でセンシティブな傾向が強まりそう。趣味の仲間や同僚と過ごす機会を増やすとよいでしょう。

ただ馴れ合ってばかりでは本当の絆を作ることができず、この時期は考えがち。関わる相手に相応の向上心を求めるでしょう。

8月11日の部分日食は、もっと大らかに過ごすべきと告げています。のんびりと何もしていないように見えて、実はみんなにとって重要なキーワードを提供している、そんなオブザーバー的な人材こそが今、周囲からは求められています。

8月19日より支配星の土星は、太陽、天王星とともに土のグランドトリンと呼ばれる吉相を形作り、8月26日にその影響はフルパワーに。価値観に大きな変化が。自分とは真逆の考え方をする人たちと接することで、かえってめざすべき方向性が自覚できるかもしれません。またいったん今の仕事を整理して、留学や大学院などへの編入を試みる人も出てきそう。

ビジネス運

モチベーションを示す火星がやぎ座で逆行中。ひとり勝ちをめざすより、大きな流れに身を任せることがサクセスにつながる暗示が出ています。周りの人たちがもたらしてくれるものを素直に受け入れてみましょう。なお洗練されたビジネスマナーに成功のヒントが。

ラブ運

夏の計画は二転三転しがち。パートナーとの楽しい時間に水を差されるような気分になるかもしれません。逆説的なようですが恋人ひと筋のスタンスから、趣味や仕事、友情などに暮らしの軸足を移してみて。イライラしない人ほど愛される暗示が出ています。

なおフリーの人はアバンチュールの季節が到来! レジャー先で出会った相手とは積極的に連絡先の交換を。

ラッキーアイテム

黒のビスチェ

8月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】8月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年8月は、刺激ではなく静寂を求めるとき。

https://www.cafeglobe.com/2018/07/haru_2018_august.html

たおやかで力強い夏の到来【吉野まゆのインド占星術】

「高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!」 2018年7月15日〜8月14日の運勢は?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/india_july.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年8月の運勢【逢坂杏の12星座占い】やぎ座

    FBからも最新情報をお届けします。