1. Home
  2. 占い
  3. 2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】ふたご座

2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】ふたご座

3,406

hutago_01-1

全体運

目指していることが順調に進み、生活自体にもゆとりが出てくるでしょう。

9月上旬はチャンスの波が二度到来。9月1日、9月7日はラッキーの兆しを見逃さないように。この時期のあなたは素直で順応性が高いため、無用な葛藤が生じにくい暗示です。1日は、誰かと意見がぶつかったら、相手の意向に沿ってみて。損して得を取る、を地でいくようなおいしい展開に。7日は、先見の明を持って行動しましょう。

現時点では人から理解されなかったり、周囲と歩調が合わないこともありますが、手を付けておけば先々、役に立つ暗示が出ています。特にパートナーや子どもに関する事柄は最優先で。

なお実家の整理や断捨離にツキあり。9月23日は秋分。秋以降は愛情問題に焦点が当たりやすくなります。強烈な個性を持つ男性との出会いも。こうしたタイプとは衝突を繰り返しながらも、離れがたい関係に。人を愛することを通じて、これまでにない自分をさらけ出すような体験ができるでしょう。9月24日は水星が海王星と対立。お酒の席でのトラブルに注意。

ビジネス運

何事も熱くなりすぎる暗示が出ています。純粋で一生懸命なのですが、状況を見失いやすい点に気を付けて。自分の意見を推し進める前に、相手の考えにも耳を傾ける余裕を。なお外回りの機会が多い人はUV対策を念入りに。

ラブ運

9月3日はふたご座で下弦の月が起こります。フリーの人はイメチェンの好機です。夏の疲れを意識させないように、カラーリングなどは大胆に若々しさを狙いましょう。なおデートは22日までが盛り上がります。カップルは童心に戻れる遊園地が◎。

ラッキーアイテム

マグカップ

8月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】9月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年9月は、「パワー」がキーワード。出しどころ、引きどころがとても重要になる1か月に。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/haru_2018_september.html

晩夏にかけてますますエネルギーが満ちてくる予感!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年8月15日〜9月14日の運勢は? 決意も新たに、堂々と着実に地固めをするのにふさわしい...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/india_august.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】ふたご座

    FBからも最新情報をお届けします。