1. Home
  2. 占い
  3. 2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】さそり座

2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】さそり座

5,672

sasori_01

全体運

9月前半は、己を律し、理性的であろうと努力する人にチャンスがもたらされるでしょう。合理的かつ効率重視でいきましょう。何かを取り決めるときは事前に了解を取って、みんなの総意という形で進めると間違いがありません。仕事も人づきあいも段取りよく進めるようにと、星は告げています。

9月12日は支配星の冥王星が太陽と調和。ひとり勝ちするよりも、みんなで目標を達成することに生きがいを感じるときです。目先の利益にこだわらず、周りの力を借りて大きく物事を進めましょう。

9月23日は秋分が到来。今年は不動宮で起こるTスクエア※の影響を受けるため、対人関係に緊張が走りがち。秋以降は表だった活躍よりも、根回しや説得工作などに力を入れるとよいでしょう。太陽と調和する火星はあなたに、陰のフィクサー的な立居振舞をすすめています。にこやかに時には相手の懐に入り込み、人心掌握につとめましょう。

※ここではさそり座の金星、みずがめ座の火星、おうし座の天王星で起こる。

ビジネス運

9月12日は太陽と冥王星が調和。オフィス内の人間力学を利用しましょう。敵の敵は味方、とまではいかなくともこうしたものを熟知した上で立ち回ることで、各段に仕事がやりやすくなりそう。なおここ一番の勝負では、感情や主観を交えずにデータ重視の姿勢が功を奏します。

ラブ運

9月10日は新月が発生。これまで縁のなかった世界に足を踏み入れることで、目からウロコが落ちるような出会いを体験しそう。行きつけのお店など慣れ親しんだ環境を飛び出してみて。カップルは秋の夜長、自宅でホームシアターなどの上映会も◎。

ラッキーアイテム

スマートスピーカー

8月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】9月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年9月は、「パワー」がキーワード。出しどころ、引きどころがとても重要になる1か月に。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/haru_2018_september.html

晩夏にかけてますますエネルギーが満ちてくる予感!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年8月15日〜9月14日の運勢は? 決意も新たに、堂々と着実に地固めをするのにふさわしい...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/india_august.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】さそり座

    FBからも最新情報をお届けします。