1. Home
  2. 占い
  3. 2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

4,336

uo_01

全体運

9月8日は支配星の海王星が太陽と対立。自分はこのままでいいのだろうか、などと漠然とした不安にさいなまれやすいときです。ただし焦燥感からいろんなことに手を出す必要はありません。2天体の緊張関係を、おうし座にある天王星が調停。星は地に足をつけ日々の営みを楽しむようにと告げています。幸い交友面では恵みの多いときです。

9月中旬までは、趣味やセンスを同じくする相手と過ごしてみて。気の合う仲間とおいしいものを食べたり、作品鑑賞をすることで、目と舌を肥やしておきましょう。この時期に出会った「本物」は、状況に振り回されず真贋を見抜く力をあなたに与えてくれる暗示です。特に贅を尽くした空間や美しいカトラリーなど、こだわりが感じられる美食体験はおすすめ。ガストロノミーを標榜するレストランなどへ足を運んでみて。

9月23日は秋分が到来。ここから冬までは相続問題などデリケートな話題が浮上する気配も。感情的にならず、静かに事態の推移を見守りましょう。親兄弟の心の奥底を覗き見るような出来事に考えさせられることも。

ビジネス運

9月14日は水星が海王星と対立。出所が不確かな情報に惑わされやすくなっています。デマや風評被害などの暗示も出ていますので、ニュースソースはどこからか、必ず裏付けを取る習慣を。集中力が途切れやすいときですので、適宜、気分転換は必要かも。

ラブ運

9月10日は結婚の室で新月が起こります。今月はやぎ座にある冥王星の助力も加わり、名実ともに周囲の祝福が得られそう。挙式にあたっては、会社や地元の有力者の力添えに救われることも。フリーの人は、お見合いにツキあり。

ラッキーアイテム

オパールのペンダント

8月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】9月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年9月は、「パワー」がキーワード。出しどころ、引きどころがとても重要になる1か月に。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/haru_2018_september.html

晩夏にかけてますますエネルギーが満ちてくる予感!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年8月15日〜9月14日の運勢は? 決意も新たに、堂々と着実に地固めをするのにふさわしい...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/india_august.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】うお座

    FBからも最新情報をお届けします。