1. Home
  2. 占い
  3. 2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おうし座

2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おうし座

4,423

ushi_01

全体運

9月頭は、創造性の室にある太陽と、未来の部屋にある土星、アイデンティティの室にある月と天王星がグランドトリンと呼ばれる吉相を作ります。大好きな趣味や創作活動に打ち込んでみて。この時期は誰にも邪魔されずに、何かに打ち込む時間をキープしましょう。孤高なスタンスを貫くことで、生き様自体が絵になる人と、周りから一目置かれる存在となるはず。漠然と将来の展望に不安を抱えている人も、手を動かしながらおのれと向き合うことで見えてくるものがあるでしょう。

中旬までは集団行動より1人で過ごしたほうが気分は楽かもしれません。なおスケジュールの急な変更に注意。9月23日は秋分。今年下半期は、体調管理に力を入れるようにと星が告げています。

後半に向かうにつれ体力不足を痛感する出来事が。低体温による免疫力の低下にも注意。今秋からは早めに冷え対策を講じておくとよいでしょう。半身浴やウォーキングなどで代謝アップを。

ビジネス運

9月12日は支配星の金星が天王星と対立、13日は土星と吉角。特定のグループに与せず、独自路線を貫いて。派閥間のいさかいとは距離を置いて正解です。なお不要なものを整理処分することで、作業能率がアップする暗示が。引き出しの中や、PCのフォルダ内の見直しを。

ラブ運

9月9日は金星と火星が凶角。フラストレーションをため込みやすい時です。カップルは相手の本音を探ろうとして空回りしがち。人が本心を口にするには、それなりの雰囲気や心の余裕が必要。焦らず相手をリラックスさせるムード作りを。フリーの人はホテルのラウンジに出会いが。

ラッキーアイテム

ゴールドのピンキーリング

8月の全体運
2018年の年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

【haruの恋占い】9月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年9月は、「パワー」がキーワード。出しどころ、引きどころがとても重要になる1か月に。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/haru_2018_september.html

晩夏にかけてますますエネルギーが満ちてくる予感!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年8月15日〜9月14日の運勢は? 決意も新たに、堂々と着実に地固めをするのにふさわしい...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/india_august.html

Image via Shutterstock

逢坂 杏

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    2018年9月の運勢【逢坂杏の12星座占い】おうし座

    FBからも最新情報をお届けします。