1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ランチタイムやアフター5に。「使える身体」をつくるジム。

ランチタイムやアフター5に。「使える身体」をつくるジム。

虎ノ門に、働く人をターゲットにした新たなトレーニングジムがオープンします。プロデュースするのは「リーボック」

20180725_reebok_1

新しいフィットネスカルチャーの発信地となる「リーボック フィットネス ベース(仮称)」。個人トレーニングではなく、グループトレーニングが中心。

リーボックはこれまでも「クロスフィット」や「レズミルズ」などフィットネスに携わるプログラムやイベントと提携し、「フィットネスを通じて自らの可能性を最大限に高める」ことを推進してきました。

健康を推進し、ビジネスを活性化

20180725_reebok_2

トレーニングジムと連動する形で、リーボックのeコマースと連携した新商品のトライアルが展開される。

ジムというと自宅からの通いやすさが選ばれる理由のひとつとなるため、住宅エリアに設けられることも多くあるなかで、この新施設「リーボック フィットネス ベース(仮称)」をビジネスエリアに設置し、ビジネスパーソンをターゲットとした理由について、Reebok Training/Studio Brand Directorの久保田万美さんにお尋ねしました。

「トレーニング施設の数が増加する(※)など、昨今、人びとの健康意識は高まり、フィットネスへの関心が多く寄せられています。同時に「働き方改革」を受け、社員の健康維持を目的にフィットネスジムとの法人契約を結ぶといった企業の動きも増加傾向にあるんです。この流れから、ビジネスを活性化し、ビジネスパーソンのライフスタイルを充実させたいと考え、大規模再開発や地下鉄新駅の建設が進み、今後のビジネス活性が見込める虎ノ門でのトレーニングジムのオープンを決めました」(久保田さん)

集中してマインドリセット&使える身体に

20180725_reebok_3

虎ノ門エリアを中心としたオフィス企業をターゲットに、福利厚生プログラムとしてジム利用を提案したり、企業へのインストラクター派遣をしたりすることも検討中。

新しいジムの核となるのは「ファンクショナルトレーニング」。単に痩せるため、魅せるための身体づくりではなく、日常生活をより快適なものにする「使える身体=ファンクショナルな身体」を目指します。そのため世界中で注目される人気トレーニングを中心に、上級者だけでなく、初心者も参加できるプログラムがスタンバイ。

もう1つの特徴が、マインドフルネスの概念をいかしていること。フィットネスに無我夢中で打ち込み、身体を動かすことに意識を集中させることで、ストレス発散やマインドセット(頭の切り替え)につなげます。

20180725_reebok_4

近隣飲食店との連携により、筋疲労に効果的なヘルシーな料理も提供。

ちなみに同施設のオープンは朝7時、そしてランチタイムに行えるプログラムもあり。「運動はしたいけど、時間がない!」という悩みを抱える忙しいワーカーにも便利な新スポットです。

人が元気に活動する要となるのは、心身の健康。また、社会を支える根幹である人こそが元気でなければ、社会の活性化はありえません。というわけで、界隈で働くみなさん、積極的に活用して、働く活力を手に入れようではありませんか。

※特定サービス産業動態統計調査:経産省

リーボック フィットネス ベース(仮称)

住所:東京都港区西新橋2-16-6 / 問い合わせ:0570-033-033(リーボック アディダスグループお客様窓口、平日9:30〜18:00) / オープン日:2018年8月3日(金)

リーボック フィットネス ベース

*こちらもおすすめ

歩くだけで「きゅっ」。ボディラインを美しくするリーボックの新作

独自のテクノロジーで普段の歩きをサポートし、美容と健康を促進するリーボックのスニーカー「EVER ROAD DMX」。歩くだけでエクササイズできる優...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/reebok.html

スニーカー通勤? アリです! ニューヨーカーたちはどうしてる?

スニーカー通勤シーンのあった映画『ワーキング・ガール』をふりかえりつつ、アメリカの通勤靴事情を紹介。いまではグッチやルイ・ヴィトンなどハイブランドも...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/sneaker.html

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    ランチタイムやアフター5に。「使える身体」をつくるジム。

    FBからも最新情報をお届けします。