1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ビジュアル買いが正解。RMK、魅惑のコレクション

ビジュアル買いが正解。RMK、魅惑のコレクション

見た目が可愛いコスメは、それだけで欲しくなってしまう!

「RMK」の秋冬コレクションに登場するフェイスカラー「ムーンブルーム フィニッシングパウダー」は、まさにそんな新製品。

20180802_rmk_1

月光のように内側から輝く透明感あふれる肌へと仕上げる「ムーンブルーム フィニッシングパウダー」5,000円(税別)。ほんのり甘くほろ苦いネロリとミュゲが香る。※2018年8月10日(金)数量限定発売

花園にたたずむ妖精が描かれていて、使うのがもったいないほどのキュートさです。

機能性も抜群で、パウダーにブラシを走らせるだけで3色がさっと混ざりしっとりとセミマットに肌に溶け込みつつ、絶妙なきらめきを放ちます。

20180802_rmk_2

本製品に妖精が描かれたのは、コレクション全体のテーマが「GLOW IN THE DARK」であり、深夜0時、ひっそりと静まったガーデンで神秘的な光を浴び、咲き誇る花々をイメージしているから。

人びとの心をとらえてきた妖精

「妖精」、「夜」のキーワードから、筆者は森に住む妖精が登場するウィリアム・シェイクスピアの喜劇『真夏の夜の夢』を連想しました。妖精は実在しません。ゆえにどんな姿でもあり得るはずなのですが、一般的に妖精というと小さくて愛らしい存在と考えられるのは、同作の影響によるものといわれています。

ちなみに妖精は実在しないと書きましたが、1900年代初頭、妖精が写真に写っている!? と世界が震撼したコティングリー妖精事件が発生。実際はコティングリー村に住む2人の少女が妖精の形をした紙の切り抜きを使って撮影したトリック写真だったのですが、『ホームズ』シリーズの作家であり、心霊研究家としても有名だったコナン・ドイルがこの写真を本物だと認めたことで騒ぎとなったのです。

美しきミステリアスな世界観

当時の人びとも、妖精なんてファンタジーでしょ、とドライに受け止めることだってできたはず。なのに、多くの人が少女の写真に魅了されたのは、思わずのめり込みたくなるような魅惑的なムードをそこから感じ取ったからではないでしょうか。

20180802_rmk_3

グラデーション使いにとらわれず、単色で使いこなせる4色セットのアイシャドウ「ムーンブルーム カラーリングアイズ」5,000円、やわらかな3色ビーズが重なりあい、花びらが舞い降りたように色づく「ミッドナイトフラワー ブラッシュ」各3,500円(ともに税別)。※ともに2018年8月10日(金)数量限定発売

RMKの秋冬コレクションには、フェイスカラーのほかにも、仕上がりも見た目も素敵なアイシャドウやリップスティックがそろいます。

2000年代を生きるみなさんも、ミステリアスな世界観に没頭してみませんか。

20180802_rmk_4

対照的な2色が混じり合うことでニュアンスを生むマーブルリップ「ミッドナイトフラワー リップスティック」各3,500円、幻想的なグラデーションを表現した「ミッドナイトフラワー リップグロス」各2,800円(ともに税別)。※ともに2018年8月10日(金)数量限定発売

RMK

電話:0120-988-271(RMK Division)

*こちらもおすすめ

新作チークは5年ぶり。リップスティックのような高発色

「ディオール」から5年ぶりに新しいチークが誕生。新作「ディオールスキン ルージュ ブラッシュ」はブランドのアイコンリップからインスパイアされ、リップ...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/dior-5.html

あなたの瞳に合うシャドウ、スマホが教えてくれます

一見、黒に見える瞳の色も、実はブラウンであることがわかっています。よって目元を自然に大きく見せるには、瞳の色にあったブラウンのアイシャドウを用いるの...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/ishadow.html

RMK

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 成功する人は完璧主義者ではない? パタゴニア創始者は「80%の男」

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「私やります」で疲れてない? 女性は男性より雑務を引き受けがち

    7. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    8. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    9. 寝ている間に肌をリセット。ロクシタンから初の夜用美容液

    10. みんなの悩みはこれだった。美容アンケート結果発表!

    1. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. レンズ越しに、人間本来の「美しさ」を見つめてきた/写真家・ヨシダナギさん

    5. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    6. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    3. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    6. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    ビジュアル買いが正解。RMK、魅惑のコレクション

    FBからも最新情報をお届けします。