1. Home
  2. キャリア
  3. 視野が狭いとよく言われる「しやせ まい」さん/マイナス思考診断

視野が狭いとよく言われる「しやせ まい」さん/マイナス思考診断

診断するならコチラ

shiya-3

◆「しやせ まい」さんは、こんなタイプ

・大変な状況になると、すぐに感情的になる。
・自分の状況を冷静に客観視できない。
・視野がせまいとよく言われる。
・大変な状況に陥ると感情的になりやすく「ずっとつらい状況が続く」と感じてしまう。
・動揺したり、緊張したりすると、気持ちをうまく切り替えられない。

◆こんなときにはコレが効く!

強烈な不安やプレッシャーに襲われたら?

「◯◯さんは今、大変な状況にあります。なぜなら……」と一人実況中継して、客観的な視点で現状をみよう。

ストレスで視野が狭くなってしまったら?

イチロー選手や孫正義さんなど、自分が尊敬する人を思い浮かべて、その人達なら会議でどんな発言をするだろうかとイメージしてみよう。

私は今、逆境にいると感じたら?

身近な人の体験談を訊いたりして、もっと大変な人と比較すると、逆境を乗り越える勇気が湧いてきます。

自分を励ます本や映画のリストも活用しよう。

Facebookシェアボタン.png

マイナス思考診断に戻る

監修/習慣化コンサルタント古川武士(『図解 マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣』[ディスカヴァー・トゥエンティワン刊]より)、企画・構成/カフェグローブ編集部

Image via Shutterstock

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    2. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    3. 成功する人は完璧主義者ではない? パタゴニア創始者は「80%の男」

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「私やります」で疲れてない? 女性は男性より雑務を引き受けがち

    7. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    8. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    9. 寝ている間に肌をリセット。ロクシタンから初の夜用美容液

    10. みんなの悩みはこれだった。美容アンケート結果発表!

    1. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    2. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    3. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    4. レンズ越しに、人間本来の「美しさ」を見つめてきた/写真家・ヨシダナギさん

    5. 年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

    6. 身体のダメージは絶大。気をつけるべき脱水症状のサイン9つ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. FIND YOUR PINK ! 出会いたいのは、こんなリップ&グロウ

    1. 心臓によくないと言われる食べ物7つ

    2. このサインが出たら、メンタルヘルスが崩れる5秒前

    3. ぷしゅっ。毎日の缶ビールが2倍おいしくなる飲み方

    4. 今までの腹筋運動は間違っていた......。専門家が勧める正しい腹筋の鍛え方

    5. 還暦迎えたマドンナさん、老けない美貌のヒケツはなあに?

    6. 頑張らなくていい。イケメン歯科医が手ほどきするマウスケア 【いい男に会いに行く】

    7. 疲れを感じるのはこのせいかも。マグネシウム不足かもしれない6つのサイン

    8. ジョブズが強調したスキル「フォロースルー」で差をつけよう

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 【たるみタイプ診断】目からウロコ。女医が教える「たるみ」の真実

    視野が狭いとよく言われる「しやせ まい」さん/マイナス思考診断

    FBからも最新情報をお届けします。