1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 帰宅後だって自炊したい。おいしく時短でこなすワザ

帰宅後だって自炊したい。おいしく時短でこなすワザ

1,073

shutterstock_234848587(1)

“You are what you eat.”

食は人なり。健康は食べ物で決まると言われます。

健康のためには自炊をするのがベストとは知りつつも、料理をする時間を確保できないのはよくある悩み。

しかし、どうも違うようなのです……実は、

みんな、自炊をがんばってる!

このたびソフトブレーン・フィールド株式会社が、働く女性897名(平均46歳)を対象に実施したアンケート調査では、全体の71.8%が「健康的な食生活を心がけている」と回答

ふむふむ。で、次に、健康を意識して取り入れている「食べ物」や「食べ方」を聞いたところ、

1. 乳製品を摂る……66.5%
2. 豆腐や豆類を食べる……58.9%
3. 3食しっかり食べる……57.0%
4. 手作りの食事……52.8% (複数回答可)

「手作りの食事」と答えた人は52.8%と、2人にひとりが自炊を続けていることが明らかになりました。

とくに、ヨーグルトや豆乳、納豆、そして豆腐が人気の食材に。

「必ず一日3食を食べ、血糖値が上がりにくいように野菜から食べる」「健康のために手作りの食事、サラダは毎日、メインに魚や肉を使って作る」など、忙しい中でも手作りの食事にこだわり、健康的な食生活を送っている方が多いことが見えたそう。

それにしても、皆さんいったい、

どうやって、仕事と料理を両立させているの?

同アンケートでは、全体の76.1%が「調理時間を短縮できるように心がけている」と回答。

具体的な工夫は、多い順に、

1. 電子レンジを使った加熱料理……53.6%
2. 献立を前もって考えておく……47.7%
3. 便利グッズの活用……37.5%
4. フライパンを使った料理……34.1%
5. 作り置きをする……31.9% (複数回答可)

最近は、時短レシピを紹介する料理動画が大人気。働く女性にとっても、心強い味方です。

トースターや炊飯器を活用した時短調理も人気。たしかに、人気の料理動画にもこれらの家電は頻繫に登場します。

ほかにも、手早くフライパンひとつで調理ができる「フライパンを使った料理」や「作り置き」など、調理法や、帰宅後の短時間で夕食をつくるための事前の準備などで、賢く時短料理をしていることがわかりました。

手の込んだ料理を何品も作ろうとすると挫折してしまいがちに。

一汁一菜でもいいので、気負わずゆるく続けるのが自炊継続のポイントなのでしょう。

サステナブル∞ワークスタイルプロジェクトVOL.3 ~健康と食についての意識調査~]Image via Shutterstock

バテちゃった? 「長生きみそ汁」で夏を乗りきろう

時間がない、食欲がないときのお助けメニュー「みそ汁」。今年は、医師の考案したユニーク「長生きみそ汁」で暑い夏を乗り切りましょう!

https://www.cafeglobe.com/2018/08/misosoup.html

速くて楽で超時短。帰宅後の自由時間を長くする買い物ワザ

生鮮食品と日用品のデリバリーサービス「Amazonフレッシュ」がレシピサービスの「クックパッド」や「DELISH KITCHEN」と提携。レシピに必...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/amazonfresh.html

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    帰宅後だって自炊したい。おいしく時短でこなすワザ

    FBからも最新情報をお届けします。