1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 塗ったほうが唇のためにいいルージュ

塗ったほうが唇のためにいいルージュ

「シスレー」から、新リップスティック「フィト ルージュ」が登場します。

20180817_sisley_1

「フィト ルージュ」全20色 各5,600円(税別)。※2018年9月1日(土)発売

ポイントとなるのは、スキンケアのエキスパート・ブランドならではのケア効果と、植物成分を配合しているとは思えない高発色ぶり。

保湿を叶える独自成分をリップに初採用

20180817_sisley_2

つけた瞬間に潤い使い続けるほどにふっくらとしたくちびるへと導いてくれる同製品に採用されたのは、シスレーの研究所で開発された「ハイドロブースター・コンプレックス」

20180817_sisley_3

繊細でダメージを受けやすいくちびるのために開発された同成分は、水分をとらえ、閉じ込めて、くちびるの保湿力アップをサポート。さらにカメリアオイルやホホバオイルが、潤い保持に貢献。クリーミーで滑らかな状態が約8時間持続するというから驚きです。

豊富で大胆なカラーレンジ

カラーはヌード系、ピンク系、オレンジ系、レッド系と4レンジ、全20色がそろいます。植物成分が多く配合されているメイクアップ製品は、発色がのぞめないものもあるのですが、フィト ルージュは見たままの大胆発色

20180817_sisley_4

なお、カラーネームにはベージュ タヒチ、ルージュ モナコなど世界の都市名が採用されています。日本から選ばれたのは、古都・京都。ローズ キョウト(写真下)と名付けられたなかなかセクシーな色味で、プラムにちかい、秋にぴったりの深い色ゆえ、ぜひチャレンジしてみてください。

20180817_sisley_5

ほどよい艶をたたえたセミマットの質感で、大人のくちびるを彩る期待の新製品です。

シスレー

電話:03-5771-6217(シスレージャパン)

美人に見える「ツヤ感」の出し方/自分の顔を好きになるメイク術 #01

「最近、なんだかイケてない」。鏡に映る自分をそう思ったら、ベースメイクの見直しの時期。ヘア&メイクアップアーティストの土屋真由美さんに美肌ベースの作...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/tsuchiya_basemake.html?test2018_01

あなたの瞳に合うシャドウ、スマホが教えてくれます

一見、黒に見える瞳の色も、実はブラウンであることがわかっています。よって目元を自然に大きく見せるには、瞳の色にあったブラウンのアイシャドウを用いるの...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/ishadow.html?test2018_01

シスレー

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    塗ったほうが唇のためにいいルージュ

    FBからも最新情報をお届けします。