1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 家ごはんは「ラクして美味しい」が一番えらい

家ごはんは「ラクして美味しい」が一番えらい

1,172

shutterstock_412436884-top

Image via Shutterstock

キッチンや料理で使われるテクノロジーの未来について考えよう、という「スマートキッチンサミット」が、2018年8月に開催され、GIZMODO JAPANにてその模様が紹介されました。

20180821_smartkitchen_1

ただ便利なだけではない、新たな価値とは

「スマートキッチン」と聞くと、台所での作業が素早く終わらせられるよう、料理工程の時間短縮や、手間を省くためのツールなのかな、と思いますよね。もちろん、そういう物も多く存在するのですが、今回の展示で興味を惹かれたのは、スマートキッチンに新たな価値を見出そうとする動きがあるということ。

20180821_smartkitchen_2

たとえばクックパッドのブースで展示されていた、自動調味料サーバー「OiCy Taste」のコンセプトモデル(写真上)。レシピに従って調味料を調合してくれるため、間違いはなくなりますし、計量のためのツールを使う必要がなく、洗いものが減らせます。「料理を自分で作る楽しみ」の部分は残された、絶妙なガジェットと言えるでしょう。

料理は楽しい、を実感できる便利ツールたち

20180821_smartkitchen_3

「ヘスタン・キュー」が開発したクッキングアプリのデモンストレーション。肉の厚さを測り、好みの焼き加減を設定すると、そのあとの行程はアプリの指示に従うだけで最高の焼き加減のステーキの出来上がり。

作る工程を楽しくするツールとして、ほかにも、誰でも最高の焼き加減でステーキを焼けるアプリや、手が汚れていても洗わずに火力調節できるセンサーなどがお披露目されたのだとか。

20180821_smartkitchen_4

超音波とLea Motionを駆使した非接触スイッチ。センサーの前で手を時計回しすると火力調整ができるなど、コンロや水道周りへの応用を検討中。

忙しく生活するわたしたちにとって、便利であることは、大事。ですが、ただ作業を速くするだけなら、すべてを機械に頼ってしまうほうがいい。でも、それではなんだか味気なく感じてしまうジレンマ。

料理をすることが手間ではなく楽しみに変わるようなツールの登場に、このジレンマを解消する糸口を見たようで、スマートキッチンの未来が楽しみになりました。

オフィスのゴミを拾わないといけない理由って何だっけ?

部下に対してきちんと説明・説得できるリーダーになるためにはどうすればいいのでしょうか。たとえば、オフィスのゴミを拾うという行動。若手に「何でですか?...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/book_garbage.html?test2018_01

帰宅後だって自炊したい。おいしく時短でこなすワザ

働く女性は体が資本。健康のためには自炊するのが一番ですが、多忙な中で料理を続けるのは大変。継続している人は、どんな工夫をしている?

https://www.cafeglobe.com/2018/08/short_cook.html?test2018_01

GIZMODO JAPAN, Hestan Cue, OiCy]Image via GIZMODO JAPAN

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    2. 疲れる組織は忖度が多く、本音を言わない傾向? 『Google流 疲れない働き方』

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    家ごはんは「ラクして美味しい」が一番えらい

    FBからも最新情報をお届けします。