1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 30歳をこえて活躍するモデルたちが習慣化したこと6つ/AVIの「工夫美容」#06

30歳をこえて活躍するモデルたちが習慣化したこと6つ/AVIの「工夫美容」#06

AVIの「工夫美容」

1,527

IMG_2640_640

モデルというと華やかで、持って生まれた体格や顔立ちを仕事にしていると思われていますが、そんなのは10代や20代までの話。

正直、30歳を過ぎたらカラダの衰えも出てきて、人知れず努力をしないとモデルとして生き残れません。私の周りでも、30歳を境にモデルだけではやっていけなくなり、泣く泣く引退していく人をたくさん見てきました。

実はしんどい。エンドレスで着替えるモデル業

あまり知られていませんがモデルって体力勝負なんです。

撮影で朝5時起きなんてよくあること。1日に何度も着替えて、立ちっぱなしでカメラの前にいたり、春物の撮影をするため、雪の日に半袖ワンピース1枚で外にいることもあります。

例えば洋服を買いに行って、試着するのがしんどいときありませんか? あれをずっとやっているのと同じです。

30歳を超えたら習慣にしたいこと

でも一方で、いくつになっても第一線で活躍し続ける人たちもたくさんいます。

そんな人たちはどんな努力をしているのか? リサーチして、私も実践していたことをご紹介します。

1.夕食は18時台に 早めに食べる

翌朝の胃もたれがなくなります。夜は寝るだけなのでサラダとスープのみ。

IMG_2641_640

ある日の食事。サラダメインでも満足感たっぷりです。

2.運動

多少の筋肉がないと身体のラインが衰えてくるので、キックボクシングヨガをしてる人も多いです。ランニングをしてる人は脚がキレイ!

IMG_2642_640

ヨガウェアの撮影風景。ご覧のとおり、体力勝負です(笑)。

3.午前0時までに就寝

30代だと子供を産んだばかりの人もいたり、仕事が忙しかったり、この時間に寝るのはなかなか大変ですが、すごく調子がよくなりますこの時間に寝るだけで、肌は本当に回復します。

4.プロテインを摂る

髪の健康のためにもたんぱく質は必須です。お肉をたくさん食べない人も植物性なら取り入れやすいはず。私はヘンププロテインを摂るようになって髪のツヤが出てきました

IMG_2638_600

5.疲れたときのサロンメンテナンス

マッサージや美容点滴など、各モデル行きつけの場所があるので、仕事終わりや疲れたときは自分へのご褒美に。たまには人の手を借りるのことも必要です。

6.湯船に浸かる

カラダを温めてくれて、保湿にもなるので習慣にすると肌質が変わります。 私が今住んでるオランダの自宅はシャワーだけなので、ジムのサウナへ温まりに行くようにしています。

aviprofile_200_250

AVI(アヴィ)さん
モデル・ファッションイラストレーター。2016年より海外に拠点を移し、日本および海外で、雑誌、広告、CM、ファッションショーで活躍。全米ヨガアライアンス認定ヨガ講師『RYT500』やネイリスト資格なども取得し、マルチに活動する。
Instagram ID:avi__official

文/AVI


「痩せられない自分」が許せなかった/AVIの「工夫美容」#04

深夜に揚げ物やスイーツを食べてしまったり、おなかがいっぱいなのにあめられなかったり。モデルのAVIさんが、そんな状態に陥ったのは「ストレス」でした。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/avi_05.html?test2018_01

顔たるみを防ぐ、2つの簡単習慣/AVIの「工夫美容」#03

毎日のちょっとした「工夫美容」で、たるみの進行を遅らせることができたら……? モデル・AVIさんが2つの簡単なたるみケアを教えてくれました。

https://www.cafeglobe.com/2018/08/avi_03.html?test2018_01

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    30歳をこえて活躍するモデルたちが習慣化したこと6つ/AVIの「工夫美容」#06

    FBからも最新情報をお届けします。