1. Home
  2. キャリア
  3. 7週間に1週間休まないと減給! とある実験で驚きの結果が

7週間に1週間休まないと減給! とある実験で驚きの結果が

仕事ができる人ほど、休み上手。休むときはしっかり休んだ方が、仕事にもプラスになるというアドバイスを最近よく耳にします。

アメリカでも、あるスタートアップが“しっかり休む”実験を行ったそう。気になるその結果は……?

Business Insider Japanの記事をもとに、見てみましょう!

20180910_bi_holiday_1

創造性、幸福度、生産性ともにアップ!!

この会社とは、グローバルの航空業界向けにマーケティング戦略を提案するシンプリフライング(SimpliFlying)。小規模なスタートアップで、リモート社員も10名抱えているそうです。

実験では、7週間ごとに1週間の休暇を社員に強制的に取得させました。休暇中、職場との連絡は一切禁止。もしやぶった場合は、その週の給与はカットされるという徹底ぶりです。

実験結果は、ハーバード・ビジネスレビューに掲載されました。

12週間の実験の後、パスリチャ氏とニガム氏はマネージャーに社員の生産性、創造性、幸福度を評価させた。その結果、創造性は33%、幸福度は25%、生産性は13%、実験前より向上した。
Business Insider Japanより引用

ただ、やはり会社の規模にしては休暇が長すぎたため、他の社員がカバーするのが大変だったという反省点もありました。

1つ目は、7週間ごとに1週間休みは会社の規模からすると多すぎた。そのため、パスリチャ氏とニガム氏は、休暇を8週間ごとに1週間に調整した。

2つ目は、1つのチーム内で休暇を取得する人が続かないよう調整しなければならないこと。
Business Insider Japanより引用

他社の例をそっくりそのまま導入するのではなく、事業内容や規模によって微調整した方がいいようです。

無限に休暇取得できるとどうなる?

一方、ネットフリックス(Netflix)やツイッター(Twitter)のように、無制限の休暇を取れる完全自由裁量になると、現場の混乱を招いてしまう恐れも。

完全な自由とは、何もかも自分で決めなければならないことを意味します。それは、社員一人ひとりにとって負担が大きい環境。

多くの会社員は休暇の取得に慎重だ。休み明けに仕事が溜まっていることが心配なのか、それとも、自分が抱えている仕事ができるのは自分だけだと思っているからなのか。
また、ローラ・ローダー(Laura Roeder)氏がウィーワーク(WeWork)に寄稿したように、自由な休暇取得は複雑になりがち。適当な日数が誰にも分からないから。
Business Insider Japanより引用

ある程度制約がある組織の方が、安心して働くことができるというのはたしかに。

ほどほどに休むのが一番なのはよくわかっているけれど、その“ほどほど”が難しい。会社がそれを決めてくれると、社員は安心して仕事に打ち込むことができますよね。

Business Insider Japan

28%の離職率を4%に変えた、サイボウズ流チームワークとは

「働きがいのある会社」に何度もランクインし、働き方改革のリーディングカンパニーとしても知られるサイボウズ株式会社。かつては離職率が高く、人が定着しな...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/team_cybozu_1.html?test2018_01

頭を休めて体を動かす。成功する人の休日の過ごし方

仕事でベストなパフォーマンスを発揮するためには、休日の過ごし方も大切です。休日の限られた時間に効率的に充電できれば、仕事の質もアップするでしょう。 ...

https://www.cafeglobe.com/2017/09/064867business_insider.html?test2018_01

Image via Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    2. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    3. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. すべての個人が輝ける企業に。ダイバーシティが確実に未来を変える

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 胸を張って言おう。「私は美しい」/奥田浩美さん

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    2. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    3. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    7. なにをどう学んでいけば良いのかわからない? 落合陽一さんより、学び方のヒントです

    8. ちょっとの工夫で体重が変わる。暴飲暴食に走らないコツ8

    9. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    10. すべての個人が輝ける企業に。ダイバーシティが確実に未来を変える

    1. 科学が裏付けた、バナナの健康パワー10

    2. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    8. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    7週間に1週間休まないと減給! とある実験で驚きの結果が

    FBからも最新情報をお届けします。