1. Home
  2. キャリア
  3. その仕事、ムダだらけかも……。『すべての仕事は10分で終わる』

その仕事、ムダだらけかも……。『すべての仕事は10分で終わる』

仕事の本棚

2,493

仕事のスピードアップ化については、これまでもさまざまな工夫をしてきたつもりです。それなのに、いつまでたってもやらなくてはならない物事は尽きません。

森川亮著『すべての仕事は10分で終わる』より、早く仕事を終わらせるためのポイントをご紹介します。

20180901_book_10minutes_5

仕事を “ジョブ” と “タスク” に分ける

著者は、日本テレビ、ソニーで働いた後にLINEの経営に関わり、独立してC Channelを起業した人物です。

日系企業から外資系、ベンチャー企業までを比べて思うことは、いわゆる日本企業の仕事は無駄が多いということ。「本当に大事なこと」に目を向けて、「必ず終わらせるという意識が足りないのではないか」と著者は語ります。

著者が考える仕事とは、「アウトプットを出すこと」。本当にやるべきことだけをやれば、そんなに時間がかかるとは思えないとまで言い切っています。

さらに著者は、すべての仕事をジョブとタスクに分けているのだとか。ジョブは頭を使う仕事、タスクは頭を使わずにできる仕事。ジョブに時間をかけるために、タスクは10分以内に区切って処理しているのだといいます。

今の時代、そんなに集中力が続くものでもありません。2015年のマイクロソフトの調査によれば、集中力の持続する時間は、なんと8秒という結果も出ています。1つのタスクに何時間かけても、集中力が切れてしまって意外とムダな時間が多いものですし、それなら思い切って他の仕事をして、また戻ってきたほうが結果が出やすいこともあります。
20ページより引用

仕事の生産性を上げるためには、まず内容の振り分けが大事なようです。

20180901_book_10minutes_2

“足を引っ張る人”に要注意

世の中は当然「できるだけ仕事をしたくない人」がマジョリティです。(中略)最近はそういう露骨な人たちは減ったと思うのですが、動きの遅い組織にいると、どうしてもそういう人種に遭遇します。そんな人たちからどうやって逃げるかということも、自分の仕事の速度を上げるためには重要なことです。
137・138ページより引用

大企業に勤めていた頃に著者がよく悩んだものは、足を引っ張ろうとする人たちの存在であったといいます。

できるだけ仕事をしたくない人たちからすると、仕事が速い人がそばにいると、自分の仕事の遅さやアウトプットの少なさが目立つので、なるべく遅くやってほしい。

そんな種類の上司の対応方法として、著者は以下のことを挙げています。

・ボトルネック上司は、出世するように仕向ける
・理不尽な上司は「わかりましたー」「忘れましたー」でスルー

自分の上司をいかに抵抗勢力にしないかが大事なポイント。本心ではなくても、へりくだって上司に花を持たせて、できるだけ出世してもらうようにしていたのだといいます。

それでも理不尽な指示が降ってきた場合は、大半はやり過ごしていたのだとか。真面目に対処しすぎるのは、時間のムダなのかもしれません。

すべての仕事を10分以内に。もっとビジネスのフェーズを上げていきたいものです。

すべての仕事は10分で終わる

著者:森川亮
発行:SBクリエイティブ
定価:1,400円(税別)

ToDoリスト作ってから数日経過。やる気を出すには?

ToDoリストを作ったものの「やる気」が出ない人いませんか? ADHD専門Youtubeチャンネルを参考に、やる気を引き出す4ステップを学んでみまし...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/task.html

ついやりがちな生産性を下げる間違い習慣

毎日何気なくやっている小さな行為の積み重ねが、長期的な生産性を左右します。嫌な仕事を後回しにしたり、スマホをチェックしながらパソコンを打ったり……。...

https://www.cafeglobe.com/2018/05/badhabit.html

Image via Shutterstock

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    3. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    4. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    5. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    6. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    3. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    4. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 経済学の名著50冊を1冊でざっと学んで、経済的感性を身につけよう

    9. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    6. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    9. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    その仕事、ムダだらけかも……。『すべての仕事は10分で終わる』

    FBからも最新情報をお届けします。