1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 幸せを体現する香り。ディオールから新フレグランス誕生

幸せを体現する香り。ディオールから新フレグランス誕生

NOVA2018MOODPACKSHOTMAIN_R

パルファン・クリスチャン・ディオールから、新フレグランスが誕生しました。 その名は「JOY BY DIOR - ジョイ」。 女性向けの新フレグランスが登場するのは、なんと約20年ぶりのことです。

「JOY BY DIOR - ジョイ」は幸せの香り

NOVA2018MOODPACKINGREDIENTFUCHSIATOUCH_R

「JOY BY DIOR - ジョイ」のテーマは、幸せを体現する香り。 女性を幸せにしたいという、ブランド創設当初からの願いがこめられています。

この願いを実現するために、ディオールのパフューマー クリエイター、フランソワ・ドゥマシーがメインに選んだのは、華やかな花々と爽やかなシトラス。ウッドやムスクのやわらかな香りをアクセントに、喜びという純粋な感情をフレグランスに表現しました。

また、「ジョイ」の香りは、無数の筆のタッチを構成した点描画にフランソワ・ドゥマシーがインスピレーションを受けて創作。纏うたびに香りに散りばめられた喜びに包まれます。

煌めくボトルにうっとり

imagezoom[3]

JOY by DIOR - ジョイ(オードゥ パルファン) 30ml 8,000円/50ml 12,000円(本体価格)

ピンクのフレグランスを詰め込んだ、ジュエリーのようにキラキラと輝くボトル。 そのうっとりするような美しさに、眺めるだけ、手にするだけで、喜びと幸せが満ちてきます。

あわせて「ジョイ ボディ ミルク」も発売。みずみずしく軽やかなテクスチャーが素肌になじみ、肌をやわらかくなめらかに整えます。 フレグランスとボディミルクを合わせて使うのもおすすめです。

C099600164NOVA2018CUTOUTBODYMILK_R

JOY by DIOR - ジョイ ボディ ミルク 200ml 7,000円(本体価格)

パルファン・クリスチャン・ディオール

電話:03-3239-0618

新作チークは5年ぶり。リップスティックのような高発色

「ディオール」から5年ぶりに新しいチークが誕生。新作「ディオールスキン ルージュ ブラッシュ」はブランドのアイコンリップからインスパイアされ、リップ...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/dior-5.html?test2018_01

ディオール、伝説のバッグが復活。秋冬を闘い抜くパートナーに

「ディオール」で伝説のバッグを称された「サドルバッグ」が、2018-19年の秋冬プレタポルテ コレクションにてカムバック。大きく丈夫になり、快適なス...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/dior-6.html?test2018_01

パルファン・クリスチャン・ディオール

鈴木有子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    2. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    幸せを体現する香り。ディオールから新フレグランス誕生

    FBからも最新情報をお届けします。