1. Home
  2. キャリア
  3. 人生に「良いこと」を増やす秘訣

人生に「良いこと」を増やす秘訣

ビジネス格言

3,327

holly-1

『ティファニーで朝食を』の名言がくれたヒント

退屈な結論だけど、要するに『あなたが善きことをしているときにだけ、あなたに善きことが起こる』ってことなのよ。いや善きことというより、むしろ正直なことって言うべきかな。
──ホリー・ゴライトリー『ティファニーで朝食を』

トルーマン・カポーティの不朽の名作『ティファニーで朝食を』から、主人公ホリー・ゴライトリーのセリフです。ホリーの職業は、自称・女優ですが、実際にはニューヨークで毎日のように遊び歩いて、裕福な男性からお金をもらって生活している女性です。

映画でオードリー・ヘップバーンが演じたホリーは、上品で清楚なイメージでしたが、じつは原作版はかなり粗野で口が悪い性格。オードリー版とはかけ離れたキャラクターなので、先に映画を観た人はびっくりするかもしれません。

しかし、原作版を読み進めていくうちに、一見ガサツで下品なホリーが、本当は誰よりも真っ直ぐで気高い性格であることがわかります。悲しい生い立ちを持ちながらも、精一杯たくましく生きて人生を謳歌しようとしているキャラクターだからこそ、こんなにも多くの人々に愛されるのでしょう。

善きこと=自分の気持ちに正直に

ホリーの言う“善きこと”とは、善行をしようという意味ではなく、自分の本音に嘘をつかない、ということです。

「自分の本音を無視することは、病気よりも体に悪い」とホリーは断言します。

たしかに、自分の本音にいつも嘘をついて行動しているのに、心からの願いが叶えられるというのはなかなかありません。“善きこと”を起こせるのは、自分自身なのかもしれませんね。

トルーマン・カポーティ/村上春樹『ティファニーで朝食を』(新潮社)

負けず嫌いな大人は必見。天才棋士・羽生善治さんの「必勝の秘訣」がタメになる

勝つためには、精神力や日頃の練習はもちろん、信用が大事。羽生善治竜王は著書の中でそう述べています。なぜ、周りからの信用が勝敗を左右するのでしょうか?

https://www.cafeglobe.com/2018/08/decision.html?test2018_01

年相応の格好は逆に老けて見える? 大好きなものを着るのが一番なのです

若い頃は着たいファッションを何も考えずに選んでいたけれど、最近は「年相応?」と自問自答することが増え、好きなものではなく恥ずかしくないものを着ること...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/kusabue.html?test2018_01

Image via Getty Images

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    人生に「良いこと」を増やす秘訣

    FBからも最新情報をお届けします。