1. Home
  2. マネー
  3. 知っておけばムダがなくなる「衝動買い」のメカニズム

知っておけばムダがなくなる「衝動買い」のメカニズム

GettyImages-679337560

一般的に、衝動買いはあまりよくない買い物の仕方だと言われています。「よく考えてから買いましょう」というアドバイスも、多くの人が耳にタコができるほど聞いてきたことでしょう。

しかし、中には「買ってよかった」と心の底から思える衝動買いの成功例もあります。

衝動買いって、いいの?悪いの?……今回は、そんな素朴な疑問に迫ってみたいと思います。

悪い衝動買い:ストレス解消のために買い物している

女性の衝動買いでとりわけ多いものと言えば、美容・ファッション関連。イライラしたり落ち込んだ時に新しい化粧品や靴などを購入したりすると、何とも言えない幸せな気分になります。

でも、買い物をしてしばらく経った後に「同じようなものを沢山持っているし、やっぱり要らなかったな」と後悔するケースも多いですよね。これは、悪い衝動買いです。

買い物直後に必ず罪悪感に苛まれるのに衝動買いを繰り返してしまうのは、一体なぜなのでしょうか?

臨床心理学者ジェニファー・バウムガートナーさんの新刊『私を美しく変えるクローゼットのつくり方』では、“悪い衝動買い”の仕組みについて、次のように解説しています。

心理学的にはさまざまな理由があげられる。人生に不安を抱えている、周囲と比べて自分の経済状態が悪い、あるいは充分でないと感じている。退屈しているなど。理由はどうあれ、買い物をすると脳の報酬センターである中脳辺縁系が刺激を受けて活発になる。買い物することを思いえがき、それを実行するたびに、「快楽」物質のドーパミンが分泌されて、不安やイライラがたちまち解消する。だから同じことをまたやりたくなるのだ。
ジェニファー・バウムガートナー『私を美しく変えるクローゼットのつくり方』より引用

この“悪い衝動買い”をやめたいのであれば、心の奥底にある不安やイライラのもとを正しく認識し、買い物以外の方法で解消する必要があります。

日記をつけて、自分がどんな状況の時に、そしてどんな気持ちの時に何を買いたくなるのかというパターンを掴むのも効果的。「私は恋愛でうまくいかない時に、なぜかデパコスを衝動買いしてしまうみたい」など、トリガーがわかれば本質的な対策を講じることもできます。

悪い衝動買いをやめるには?

どんな気持ちの時に何を買いたくなるのかトリガーを把握するべし!

良い衝動買い:リラックスした状態で、直観にもとづく買い物をしている

「ビビビッ」と一目惚れして衝動買いした結果、大満足!という成功例も、もちろんあります。あれこれ考えて出した結論よりも、最初の数秒で感じたことの方が正しかったという経験はないでしょうか?

メンタリストDaiGoさんの著書『直観力』によると、最初の2秒で感じた直観は90%当たっているそうです。

直観とは、積み重ねた知識や経験、記憶のデータベースから引き出された答えのこと。科学的根拠のある脳のプロセスなのです。
DaiGo『直観力』より引用

この直観を発揮するための条件はズバリ、リラックスしていること。先ほどの悪い衝動買いの時の精神状態とは、真逆ですよね。

この脳の余裕が、直観を働かせるための重要な条件になります。やるべきことを淡々とこなしていく。脳がほかの雑事に惑わされることもない。こうした余裕のある状態のときに、(中略)直観が働きやすくなるのです。
DaiGo「直観力」より引用

精神的に余裕があって、心身ともに健康な状態の時に買い物をしたほうが、失敗が減るでしょう。

良い衝動買いを増やすには?

精神的に余裕のある時に買い物をするべし!

このように、必ずしも“衝動買い=悪”ではないようです。なるべく気持ちに余裕がある時にだけ買い物に出かけるようにすれば、後悔することが減りそうですね。

ジェニファー・バウムガートナー『私を美しく変えるクローゼットのつくり方』(集英社),DaiGo『直観力』リベラル社

こちらもおすすめ

結構リアルでちょっぴりルーズ、「行動経済学」ってなんだろう?

気になる経済キーワードを2分でスタディ。今回は私たちの日常生活に深く関係している「行動経済学」について。

https://www.cafeglobe.com/2018/09/economics.html?test2018_01

先生教えて! この汗、イライラ……まさか「プレ更年期」?

イライラや気分のムラ、謎の汗……。認めたくないけど、これは「更年期」のはじまり? そんな不安を抱えた30〜40代のカフェグローブ編集部員たちが、産婦...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/inochinohaha.html

sponsored

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    4. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    5. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    知っておけばムダがなくなる「衝動買い」のメカニズム

    FBからも最新情報をお届けします。