1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「充電しすぎはスマホのバッテリーをダメにする」は本当?

「充電しすぎはスマホのバッテリーをダメにする」は本当?

6,329

20180913_lh_battery

スマートフォンの充電、どれくらいの頻度でしていますか?

「バッテリーは使い切ってから充電しなくてはいけない」と思い込んでしまっている人が、意外と多いようです。あなたもひょっとしたら、スマホの電池残量を0%にして充電しないと、バッテリーの寿命が短くなると信じているのでは?

ですが、それは間違いです。充電のタイミングを過剰に気にする必要はありません。

ライフハッカー(日本版)の記事で調査した結果がまとめられているので、見ていきましょう。

充電するほど、充電容量は減っていくが……

スマートフォンに使用されているリチウムイオンバッテリーは、充電するほど、充電できる容量が減っていきます。つまり、充電回数が多いほど、バッテリーの寿命は短くなるのです。

しかし“充電回数”とは単純に充電を行った回数ではなく、消費した電気の総量が100%となることを意味しているようです。Appleの公式見解でも、以下のように述べられています。

バッテリー容量の75%を1日で消費し、夜のうちにフル充電したとします。翌日25%を消費する、すなわち合計100%消費すると、2日で1回の充電サイクルを完了したことになります。
ライフハッカー(日本版)より引用

この前提を勘違いしていると、無駄に電池を消費して、結果的にバッテリーの消耗がひどくなってしまうのでよく覚えておきましょう。

充電タイミングの意見はさまざま

スマートフォンのバッテリーの交換にかかる料金は5,000円前後が一般的です。安くはないので、できるだけ節約したくなるのも当然でしょう。

ですが、バッテリーの適切な充電については絶対的な正解がないようです。

たとえばSAMSUNGは「超時間充電し続けるべきではない」「充電レベルは常に40〜80%の間にしておくべき」と述べていますが、テクノロジーメディアのVergeでは「可能なかぎり充電器につないでおけばいい」「フル充電になれば、電流が流れ込まない」といった意見を主張しています。

バッテリーはあくまでも消耗品

結論の再確認です。充電は好きなタイミングでしてしまって構いません。バッテリーの劣化が心配であれば、フル充電状態でケーブルにつなぐのは避けましょう

忘れていけないのは、バッテリーが消耗品であることです。いつかは交換が必要になります。

必要な場面で電池残量が不足していて困ってしまっては本末転倒。ライフスタイルに合わせて、必要な頻度で充電することを優先しましょう。

ライフハッカー(日本版)]Image via Shutterstock

▼ Sponsored

【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?……YES!

仕事時にぴったり、といわれながら、多機能すぎて使いこなせるのかどうかと、ハードルの高さを感じる女性も多いスマートウオッチ。そこで、編集部員が実際に着...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/citizen_eco-drive_w410.html?test2018_01

先生教えて! この汗、イライラ……まさか「プレ更年期」?

イライラや気分のムラ、謎の汗……。認めたくないけど、これは「更年期」のはじまり? そんな不安を抱えた30〜40代のカフェグローブ編集部員たちが、産婦...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/inochinohaha.html?test2018_01

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    「充電しすぎはスマホのバッテリーをダメにする」は本当?

    FBからも最新情報をお届けします。