1. Home
  2. キャリア
  3. 新卒の約6割が入社を後悔してる。それは一体なぜ?

新卒の約6割が入社を後悔してる。それは一体なぜ?

shutterstock_1037291551

今春入社した新入社員にも、ようやく一人前の仕事を任せられるようになってきた。

が、しかし……

なんと約6割の新卒がすでに入社を後悔していることが、とある調査で分かりました!

わずか1か月で約3割が退職

就職支援サービス「ハタラクティブ」による、2018年に新卒として入社した110名を対象とした意識調査によると、入社して間もないのにも関わらず、 後悔している人は半数以上。そして、すでに退職している人については、約88%が入社から3か月以内に退職を決めており、約1か月で退職済みの人も約3割もいたということです。

入社を後悔している理由は、「入社前の情報収集が足りなかった」(31.3%)、「やりたいことが明確にならないまま入社をしてしまった」(21.6%)、「最初に内定が出た理由で入社をしてしまった」(20.9%)がほぼ同じ結果になっています。“就職”自体が目的化して、入社後のイメージができていなかったことが後悔につながっているのかもしれません。

せっかく配属された新人がすぐにやめてしまっては、会社も現場も痛手です。

社内では相談しない新卒たち

つぎに、退職や転職をする際の相談相手について聞きました。

すると、34.2%が両親と回答。次に多かったのは友人の26.6%という結果に。

同じ職場の人に相談するという人は12.6%と低く、直属の上司や同僚に、自分が感じた違和感を伝えられない姿が浮かび上がります。

新しい環境に馴染むのは、新卒に限らず、経験を積んだミドルやシニアであっても時間がかかるもの。小さな違和感が大きな悩みに成長してしまう前に、なんとかしたいですね。

雑談からでもいい、気楽にコミュニケーションを

個人の経験ですが、転職したばかりの時は、ちょっとした雑談をふってもらえるだけでも話しやすさが変わったものです。逆に、最初にうまく会話の糸口がつかめないと、業務に必要なことであっても声をかけづらく、結果的に仕事の支障が出てしまいがちに。

話しかけても大丈夫と感じてもらえれば、なにかあったときに打ち明けてくれる可能性だって高まります。

せっかく育てたのに離職してしまった、という残念な結果にならないように、まずは自分から働きかけることも試してみましょう。

ハタラクティブ]Image via Shutterstock

新卒とココが違う。キャリア転職で知っておくべき面接マナー

新卒の面接と違って、アラフォーの転職面接では何を気をつければよいのでしょうか。キャリアコーチとしてアメリカで知られるフォード・R・マイヤーズ氏の、第...

https://www.cafeglobe.com/2018/02/tips-1.html?test2018_01

MASHING UP(マッシングアップ)/キャリアアップに我慢はつきもの? 大企業の女性管理職に聞きました

若い女性層の管理職離れが進む今、わざわざ管理職の道を選ぶ理由はなんでしょう? 大企業で管理職として働く3名の方にキャリアアップのために知っておくべき...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/mu_careerup.html?test2018_01

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    新卒の約6割が入社を後悔してる。それは一体なぜ?

    FBからも最新情報をお届けします。