1. Home
  2. キャリア
  3. 仕事も給料も申し分なし。だけど物足りない私はどうすればよい?

仕事も給料も申し分なし。だけど物足りない私はどうすればよい?

The New York Times

ニューヨーク・タイムズの人気コーナーThe Workologist。働く人の悩みにズバリ答えます!

nyt_problem

Koren Shadmi/The New York Times

Q1:現状には満足。でもクリエーターとしての将来が不安です。

大手NPOでクリエイティブ職に就いています。給料は良いし、手当も厚く、同僚にも恵まれています。希望通りの職種で、仕事も楽しめています。福利厚生の一環で自己研鑽の機会もいろいろ提供されています(ほとんど使ったことはありませんが)。

とはいえ、ニッチな職種のため、この仕事での伸びしろはもはやありません。ここにいる理由は主に、待遇と職場環境に恵まれていること。私自身のクリエーターとしての成長は停滞しています。ひどいというわけではなく、だんだんパッとしなくなっていると感じです。そんなうずきを少なくともこの3年ほど、心の奥に抱えています。

でも、本当の問題は、職場を去るか、サイドワークとして自分のクリエイティビティを磨くか、どっちにしてもモチベーションが上がらない、ということです。現状には満足しています。お金が貯まって、将来のために投資ができて、社交活動やプライベートにエネルギーを注いでいます。なのに、クリエイターとしての自分のキャリアの時限爆弾が今にも爆発しそうという恐怖におびえています。どう折り合いをつけたらいいでしょうか? (匿名より)

A:自分の限界に挑戦できる何かを探そう!

実のところ、あなたは現状に満足はしていません。現状に満足している人は、このWorkologistの相談コーナーに投稿しませんし、「うずきを抱え」、自分のキャリアを「時限爆弾」と書いたりしません。何の悩みもなく、呑気な日々を送っていることでしょう。でも仰るとおり、この停滞感は明らかにあなたを悩ませています。

本当にその恐怖感を無くしたいなら、そのために何かしなければなりません。とは言っても、今の仕事を辞め、クリエイティブワークに挑戦し続けるような状況に自分を追い込まなければならないという意味ではありません。でも例えば、現在の仕事でも、新たなことを学ばざるを得なくなるような業務を探してみたり、それ以外の方法で自分の限界に挑戦してみたりすることができるでしょう。

または、おっしゃるように、自分がこだわりを持つ目的やアイデアに関連したサイドプロジェクトを始めてみてもいいでしょう。自分自身の課題を始めてみましょう。3か月以内の期限を設定し、クリエーターとしてのポートフォリオの強化につながる1点制作する課題に挑戦してみましょう。それが終わったら、同じことを繰り返します。

成長のためには、あえて居心地を悪くしてみるのも手

誤解のないように言うと、現状満足は悪いことではありませんし、変化のための変化を勧めているわけではありません。今の好環境・高待遇が気に入っているなら、手放してはいけません。

しかし、現状満足は自己満足に陥るリスクを伴います。とりわけ昨今の労働市場を考えるとなおさらです。今、自覚しているうずきは、実際、あなたが自分自身に送る警告のようなものかもしれません。これをモチベーションにして、マンネリに陥らないよう一歩だけ前に進んでみましょう。

そのうち、映画『恋はデジャ・ブ』の主人公のように、超常現象により同じ1日を際限なく繰り返す人生を送るよりは、何かに取り組み、学習し成長するほうが賢明だと気づくでしょう。大変革を起こす必要はありません。ただ、楽しく働き続けられる新しい方法をみつけるだけです。時々自分をちょっと心地悪くしてみる。それが、本当の満足感を得る最良の方法になることもあります。

Q2:短期間で解雇された事実を履歴書に書かないのはアリ?

shutterstock_482129056

Image via Shutterstock

Workologist様。先日の「解雇された事実をどう説明したらいい?」という質問(8月17日付ニューヨーク・タイムズ掲載)に対して、「5か月間の勤務は履歴書に記載しなくてもいいのではないか」とあなたがアドバイスされたことに驚きました。

私は、20年間、企業幹部のヘッドハンターの仕事に就いていましたが、履歴書にそのような事実の記載が漏れていることが発見された場合、おそらく、求職者は即座に候補から外されたでしょう。ご自身の伴侶が、過去に5か月間結婚していたのに、あなたに告げるほどのことではないと考えて、その事実をひた隠しにしていたら、どう思いますか? (バーバラ・Pより)

A:履歴書は、あなたを売り込む文書

もちろん履歴書は、常識や礼儀をわきまえて作成する必要があります。やったこともないのに、月面を歩いたと書いてはなりません。使い込みの罪を隠して、金融関係のポジションに応募してはなりません。

とはいえ、履歴書は法律文書ではありません。むしろ、個人を売り込むための文書です。

その人のスキルや性格のせいではなく、単なるミスマッチであった、一回限りの悪い体験となった5か月間の仕事を履歴書に載せないことを罪であるとは私は思いません。雇用主を配偶者に置き換えるのはためらわれますが、今回のケースは、過去の結婚よりはむしろ、うまくいかなかった情事のようなものです。

それでも、見解は人それぞれでしょう。職歴を省略するのはおかしい、不誠実だと思われるのでしたら、省略してはなりません。確かに、少なくとも、雇用主に発見されて、失望されるリスクがあります。ですから、先日の記事では、考慮すべき一つの選択肢として挙げました。記事の大半は、解雇された経験を雇い主に告げることにした場合、どう説明するのがベストかというアドバイスの提供になっています。

でも、同じ状況を逆から見たらどうでしょう。雇い主も同様に、すべての汚点、過失、将来的に経営不振に陥るリスクがあることなど、一点も漏れなく開示する義務を負っているでしょうか。あるいは、会社は自社の現状をありのまま世間に伝えることができるでしょうか。きっとそうではありませんよね。だったら、求職者はなぜ、すべてを漏れなく伝える義務を負わなければならないのでしょうか。

© 2018 The New York Times News Service[原文:You’re Happy With Your Job. Why Is That a Problem?/執筆:Rob Walker](翻訳:Ikuko.T)

転職したばかりで辞めるのってアリ?

転職したばかりなのに、新しい仕事が自分に合わない。罪の意識を持たずに、しかも慌てずに、次の会社へ転職する方法はあるの?

https://www.cafeglobe.com/2018/08/nyt_workologist-2.html?test2018_01

よき友人がヒドい同僚に豹変。仕事と友情の線引き、どうしたらいい? [The New York Times]

職場に友情が絡むと、悩ましい事態が起きることも。大切な友人と同じ会社に入ったら、ひどい同僚に豹変して困っているなど……。ニューヨーク・タイムズ掲載記...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/nyt_friend.html?test2018_01

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 新しく習得したいことがあるなら。独学のプロいわく「まず20時間」

    7. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    8. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    9. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    10. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    1. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    6. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    10. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    7. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    8. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    仕事も給料も申し分なし。だけど物足りない私はどうすればよい?

    FBからも最新情報をお届けします。