1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「テニスコート」はアーティストの新しいキャンバス

「テニスコート」はアーティストの新しいキャンバス

The New York Times

テニスプレイヤーのファッションや髪型のトレンドは、時代とともに頻繁に変化しています。

しかし、テニスコートはいつの時代も同じです。100年以上もの間、白線で区切られたモノクロのデザインです。その個性の無さは、むしろ人々のクリエイティビティを刺激します。

tenniscourt_01

Sen2 Figueroaさんとジェームス・ロドリゲスさんによって塗装されたブルックリンにあるハイランドパークのテニスコート(Nicholas Calcott / The New York Times)

えっ、これがテニスコートなの!?

しかし、マイアミ、ロサンゼルス、シカゴ、シンシナティ、ニューヨークの5つの都市において、ついにこの規律が崩壊しました。テニスコートがアーティストのためのキャンバスになったのです

マイアミのテニスコートには、ネットの中心から様々な色の光線が発せられ、巨大なハートを形つくっているように見える絵が、シカゴのテニスコートには、巨大な葉っぱのような模様が描かれました。

tenniscourt_02

KiiK Createの二人組みが手がけた、マイアミにあるテニスコート(Qianna Smith Bruneteau for USTA via The New York Times)

tenniscourt_03

チャーリー・エドミストンさんが手がけた、ロサンゼルスのテニスコート(Qianna Smith Bruneteau for USTA via The New York Times)

この「アート・コート」というプロジェクトはUSオープンの50週年を祝して、アメリカテニス協会の支援を受けて始まりました。主催者は、このプロジェクトを通して、アメリカのテニス界に新しい風を吹き込み、「規則を遵守する古き良き紳士のスポーツ」というイメージに加え、「熱意あるムーブメントを巻き起こす」というイメージを付け足そうという狙いがあります。

わくわく。プレイがしたくなる

このプロジェクトは、若いテニスプレーヤーを支援するためのものとして、Chaseから50万ドルの支援を受けました。任命された5人のアーティストが、アメリカ各地で長年使われてきたテニスコートを大変身させました。シカゴのジャスタス・ローさん、マイアミのKiiK Createの2人組、ロサンゼルスのチャーリー・エドミストンさんなど。

グラフィティ(壁画)で有名なプエルトリコ人アーティストのSen2 Figueroaさんは、ブルックリンのハイランドパークにあるテニスコートのデザインを任されました。最初の下書きを提出した際、「プレーの邪魔にならないように、最小限の色で表現するつもりです」と彼は電話インタビューで語りました。しかし、主催者側が彼に、自分のスタイルを貫いてほしいと説得したところ、彼は全く新しい、赤色で「BAM」と記された巨大な目を二面に渡って描くプランを提案しました。

tenniscourt_04

Sen2 Figueroaさんとジェームス・ロドリゲスさんが手がけた、ブルックリンにあるハイランドパークのテニスコート(Nicholas Calcott / The New York Times)

tenniscourt_05

Sen2 Figueroaさんとジェームス・ロドリゲスさんによって塗装されたブルックリンにあるハイランドパークのテニスコート(Nicholas Calcott / The New York Times)

しかし、テニスコートというキャンバスに絵を描くことは、想像以上に難しかったそうです。Figueroaさんは、キャンバスがイーゼルであれ壁であれ、スプレー缶を使って作品を描いてきましたが、このプロジェクトではローラーを使う必要がありました。さらに、テニスコートとしての耐久性、滑らかさ等も必要とされたため、彼とジェームス・ロドリゲスさんは非常に苦戦したと言います。

「これまでの人生で最も困難なプロジェクトだったかもしれません。でもその分思い出深いものになりました」とFigueroaさんは語ります。「お金のためにやったわけではありません。このコートを使う人には、細部までアートを味わってもらいたいです」

tenniscourt_06

Sen2 Figueroaさんとジェームス・ロドリゲスさんによって塗装されたブルックリンにあるハイランドパークのテニスコート(Nicholas Calcott / The New York Times)

主催者によると、このコートは公式戦以外で用いられるそうです。ハイランドパークのテニスインストラクターであるジョーズ・ロドリゲスさんは、視覚的に集中力を分散しやすいこのコートが、レッスンに良い効果をもたらすかもしれないと語ります。

「テニスは集中力のスポーツです。精神面がプレーを大きく左右します。そのため、このコートで練習をすると、集中力を鍛えることができるのではないかと考えています」

© 2018 The New York Times News Service[原文: Artists Explore a New Canvas: Tennis Courts /執筆:Andrew R. Chow](抄訳:今西翼)

女子テニスのウェア。ヒラヒラしてないとダメですか?

S・ウィリアムズが全仏オープンで着たキャットスーツ。先日、仏テニス連盟会長が今後は着用を認めないと発言すると非難の声が相次ぎました。そもそもテニスの...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/nyt_tennis.html?test2018_01

暗号を読み解き、一攫千金を。楽しいレゴアート

アーティストAndy Bauchさんの作品には、彼が2016年に購入した仮想通貨ウォレットの秘密鍵が隠されていて、読み解けた人は回収できるという仕掛...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/andybauch.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 新しく習得したいことがあるなら。独学のプロいわく「まず20時間」

    7. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    8. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    9. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    10. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    1. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    6. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    10. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    7. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    8. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    「テニスコート」はアーティストの新しいキャンバス

    FBからも最新情報をお届けします。