1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「テニスコート」はアーティストの新しいキャンバス

「テニスコート」はアーティストの新しいキャンバス

The New York Times

テニスプレイヤーのファッションや髪型のトレンドは、時代とともに頻繁に変化しています。

しかし、テニスコートはいつの時代も同じです。100年以上もの間、白線で区切られたモノクロのデザインです。その個性の無さは、むしろ人々のクリエイティビティを刺激します。

tenniscourt_01

Sen2 Figueroaさんとジェームス・ロドリゲスさんによって塗装されたブルックリンにあるハイランドパークのテニスコート(Nicholas Calcott / The New York Times)

えっ、これがテニスコートなの!?

しかし、マイアミ、ロサンゼルス、シカゴ、シンシナティ、ニューヨークの5つの都市において、ついにこの規律が崩壊しました。テニスコートがアーティストのためのキャンバスになったのです

マイアミのテニスコートには、ネットの中心から様々な色の光線が発せられ、巨大なハートを形つくっているように見える絵が、シカゴのテニスコートには、巨大な葉っぱのような模様が描かれました。

tenniscourt_02

KiiK Createの二人組みが手がけた、マイアミにあるテニスコート(Qianna Smith Bruneteau for USTA via The New York Times)

tenniscourt_03

チャーリー・エドミストンさんが手がけた、ロサンゼルスのテニスコート(Qianna Smith Bruneteau for USTA via The New York Times)

この「アート・コート」というプロジェクトはUSオープンの50週年を祝して、アメリカテニス協会の支援を受けて始まりました。主催者は、このプロジェクトを通して、アメリカのテニス界に新しい風を吹き込み、「規則を遵守する古き良き紳士のスポーツ」というイメージに加え、「熱意あるムーブメントを巻き起こす」というイメージを付け足そうという狙いがあります。

わくわく。プレイがしたくなる

このプロジェクトは、若いテニスプレーヤーを支援するためのものとして、Chaseから50万ドルの支援を受けました。任命された5人のアーティストが、アメリカ各地で長年使われてきたテニスコートを大変身させました。シカゴのジャスタス・ローさん、マイアミのKiiK Createの2人組、ロサンゼルスのチャーリー・エドミストンさんなど。

グラフィティ(壁画)で有名なプエルトリコ人アーティストのSen2 Figueroaさんは、ブルックリンのハイランドパークにあるテニスコートのデザインを任されました。最初の下書きを提出した際、「プレーの邪魔にならないように、最小限の色で表現するつもりです」と彼は電話インタビューで語りました。しかし、主催者側が彼に、自分のスタイルを貫いてほしいと説得したところ、彼は全く新しい、赤色で「BAM」と記された巨大な目を二面に渡って描くプランを提案しました。

tenniscourt_04

Sen2 Figueroaさんとジェームス・ロドリゲスさんが手がけた、ブルックリンにあるハイランドパークのテニスコート(Nicholas Calcott / The New York Times)

tenniscourt_05

Sen2 Figueroaさんとジェームス・ロドリゲスさんによって塗装されたブルックリンにあるハイランドパークのテニスコート(Nicholas Calcott / The New York Times)

しかし、テニスコートというキャンバスに絵を描くことは、想像以上に難しかったそうです。Figueroaさんは、キャンバスがイーゼルであれ壁であれ、スプレー缶を使って作品を描いてきましたが、このプロジェクトではローラーを使う必要がありました。さらに、テニスコートとしての耐久性、滑らかさ等も必要とされたため、彼とジェームス・ロドリゲスさんは非常に苦戦したと言います。

「これまでの人生で最も困難なプロジェクトだったかもしれません。でもその分思い出深いものになりました」とFigueroaさんは語ります。「お金のためにやったわけではありません。このコートを使う人には、細部までアートを味わってもらいたいです」

tenniscourt_06

Sen2 Figueroaさんとジェームス・ロドリゲスさんによって塗装されたブルックリンにあるハイランドパークのテニスコート(Nicholas Calcott / The New York Times)

主催者によると、このコートは公式戦以外で用いられるそうです。ハイランドパークのテニスインストラクターであるジョーズ・ロドリゲスさんは、視覚的に集中力を分散しやすいこのコートが、レッスンに良い効果をもたらすかもしれないと語ります。

「テニスは集中力のスポーツです。精神面がプレーを大きく左右します。そのため、このコートで練習をすると、集中力を鍛えることができるのではないかと考えています」

© 2018 The New York Times News Service[原文: Artists Explore a New Canvas: Tennis Courts /執筆:Andrew R. Chow](抄訳:今西翼)

女子テニスのウェア。ヒラヒラしてないとダメですか?

S・ウィリアムズが全仏オープンで着たキャットスーツ。先日、仏テニス連盟会長が今後は着用を認めないと発言すると非難の声が相次ぎました。そもそもテニスの...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/nyt_tennis.html?test2018_01

暗号を読み解き、一攫千金を。楽しいレゴアート

アーティストAndy Bauchさんの作品には、彼が2016年に購入した仮想通貨ウォレットの秘密鍵が隠されていて、読み解けた人は回収できるという仕掛...

https://www.cafeglobe.com/2018/04/andybauch.html

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    3. 不器用な人は必見? 伝えたいことを上手に伝えるには「想像力」がポイント

    4. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    5. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 皮膚科医が教える、チクチクしないニットの選び方

    1. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    2. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    3. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    4. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    8. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    9. 経済学の名著50冊を1冊でざっと学んで、経済的感性を身につけよう

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    6. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    9. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    「テニスコート」はアーティストの新しいキャンバス

    FBからも最新情報をお届けします。