1. Home
  2. キャリア
  3. もしもロボットに仕事を手伝ってもらえるなら……?

もしもロボットに仕事を手伝ってもらえるなら……?

そう遠くない将来、多くの業務がAIやロボットに取って代わられるといわれています。株式会社ROBOT PAYMENTが東京都在住の会社経営者や経理・財務系社員を対象に実施した「業務効率化に関する意識調査」によると、ロボットに代行してほしい業務のトップは「データ入力」なのだそうです。

イメージほどは進んでいない"働き方改革"

robot_top

他にも「伝票の起票・整理」「取引先からの入金確認」など、自動化できる単純作業は確かに以前より数多く存在します。

"働き方改革"が叫ばれるようになって久しく、そのような業務の効率化はとっくに対応されているようにも思えますが、調査によると半数近くが「行われていない」と回答しています。ちょっと意外な結果です。

ロボットやAIはこれからが本番

では反対に、残りの約半数の「業務が効率的に行われている」という実感を持つ人は、具体的にどのような方法を実施したのでしょう。「業務内容の見直し」が最も多く、次いで「OA機器の導入」「システムやツールの導入」と続きます。思ったよりもベーシックな手段にとどまっており、“働き方改革”という言葉でイメージされるようなビッグチェンジはまだまだこれから、というのがリアルなところのようです。

ニュースや雑誌のビジネス記事では、最先端の事例なども最近よく目にするようになりましたが、リアルなビジネスシーンでの改革はまだまだこれからのよう。たとえ、自分の身の回りではまだまだ進んでいない……と感じていても、焦る必要はなさそうです。

少しずつ変わる時代を楽しもう

とはいえ、AIやロボットが当たり前に業務を手伝ってくれる時代はもうすぐそこ。映画や漫画の中にみるような完全自動化の世界はまだまだ遠くても、少しずつ便利になっていくこの時代を楽しみたいですね。

だけど、もし、ロボットに「今」仕事を手伝ってもらえるなら

あなたなら、まずはなにをしてもらいたいですか?

株式会社ROBOT PAYMENT

しゃべる養命酒!? こんなスマートスピーカー初めて

「養命酒」のボトルの形をしたスマートスピーカーが当たるキャンペーンが実施中。健康情報に関する返事が得られます。心臓部を支えるのはソニーのLF-S50...

https://www.cafeglobe.com/2018/08/aiyomeishu.html?test2018_01

ホームセキュリティ、AIに任せてほんとにいいのかな?

急成長を予想されているホームセキュリティ関連のビジネス。AIなら人間よりも確実に侵入者を特定できると考えられているが、思わぬところに短所も?

https://www.cafeglobe.com/2018/07/nyt_homesecurity.html?test2018_01

小林聖

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. できれば避けたい「気分の浮き沈み」。原因と対策について編集部座談会で考えてみた

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    7. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    10. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    もしもロボットに仕事を手伝ってもらえるなら……?

    FBからも最新情報をお届けします。