1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 身につけるもので、心が変わるという事実

身につけるもので、心が変わるという事実

1,530

「THE NORTH FACE」のタグライン。それは、「NEVER STOP EXPLORING(わたしは探求し続ける)」という言葉です。こう掲げるのは、彼らが極地や過酷な環境下への挑戦者をサポートし続けているから。

この秋、同ブランドはわたしたちの背中も押してくれます。新作ジャケットの背中「NEVER STOP 〜ING(わたしは〜をし続ける)」というワードが入っているのです。

20180830_northface_1

「ING COACH JACKET COLLECTION」各17,000円(税別)。COACHの部分に込められたのは、目標のためのコーチは自分自身だという想い。写真は2018年8月31日発売の第1弾。

コレクションの名は「ING COACH JACKET COLLECTION」。人びとが持つ強いパッションや意思を自ら表現し、コミットするための機会を創造することを目的としたアイテムです。

1段落だけ脱線します。

先日、友人と話しながら、自分たちに危惧を抱きました。年齢を重ね、知識が増えてきたことで、何に対してもどことなく「知っている気」になってしまっている。そんなわたしたちが、夢中になってのめり込むほどのものって……仕事? 趣味?? 背中に書いて表明できるほどかと問われると違うような気がし、「わたしたち、このままでいていいのかな」と不安に。

みなさんには、ジャケットの背中に書いて表明したいほど続けられることはありますか?

20180830_northface_2

なお、ジャケットは2回に分けて発売されます。「NEVER STOP 〜ING」が背中に大きく1つ書かれた第1弾のデザインは現在発売中、そして同文が5つ書かれた第2弾は2018年10月5日に登場します。

20180830_northface_3

かっこいいデザインと捉えて着るだけでも、もちろん構いません。でも、いい機会です、コミットしているもの・コミットできるものについて考えてみましょう。自分を見つめ直す機会をくれるジャケットです。

THE NORTH FACE

電話:0120-307-560

胸元に意志を

「sacai」と「The New York Times」がコラボレートコレクションを発表。同紙が2017年に提唱したスローガン「Truth.」に、デ...

https://www.cafeglobe.com/2018/06/sacai-1.html?test2018_01

思想もスタイルも真似したくなる。シルバー世代のInsta-grans

60歳以上の女性たちがインスタグラムを使ってスタイリッシュで若々しく、自信に満ちた画像を発信している。多くのフォロワーの中には若い世代も多く、年配女...

https://www.cafeglobe.com/2018/07/nyt_silver.html?test2018_01

THE NORTH FACE

多田亜矢子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 春の肌悩みは十人十色。でも「まずすべきこと」があるんです/春先美肌座談会[前編]

    6. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    5. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    身につけるもので、心が変わるという事実

    FBからも最新情報をお届けします。