1. Home
  2. マネー
  3. ビットコインと思っていたら、ビットコインキャッシュだった!という話

ビットコインと思っていたら、ビットコインキャッシュだった!という話

shutterstock_1129513913t

仮想通貨が気になりだした人なら、「“ビットコインキャッシュ”ってよく聞くけど、“ビットコイン”とどう違うの?」と思われるかもしれません。

名前がとても似ている2つの仮想通貨ですが、何が違うのでしょう?

“ビットコイン”と“ビットコインキャッシュ”は違うの?

この2つ、もともとは「ビットコイン」という1つの仮想通貨でした。

従来のビットコインは、決済取引に時間と手数料がかかるという課題を抱えており、ビットコインキャッシュでは、独立して異なるシステムを採用することで課題を解決しました。

スケーラビリティ問題ってなーに?

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨の取引量が増えすぎてしまった結果、取引にかかる処理時間が大きくなってしまったり、取引手数料が過剰に高くなってしまう状態を意味します。

たとえば、現金を使った買い物での決済時間はほぼ0です。しかし、ビットコインの場合は、着金するまでに3日から5日ほど必要で、しかも手数料が3,000円ほどかかってしまうという状況でした。

ビットコインが現実的な取引に適さない状況になり、「一部の富裕層だけが都合良く利用できる仮想通貨にしようとしているんだ」といった陰謀論なども出回ったほどです。

この陰謀論は憶測や噂なども混じってしまうため深い言及は避けますが、とにかく現状ではBTCの決済システムは使い物にならない、というのは紛れもない事実なのです。
『仮想通貨ビットコインキャッシュの革命』P.40より引用

ビットコインを超える日が来る?

ビットコインキャッシュは、ビットコインから独立する形で誕生しました。

そして、ブロックサイズをビットコインの32倍となる32MBにすることで、ビットコインが抱えているスケーラビリティ問題を解決したのです。

ちなみにブロックサイズとは、仮想通貨の取引に使用する取引データを記録する容量のようなものです。

簡単にいえば、取引の処理を記入できる「ノートのページ」です。
『仮想通貨ビットコインキャッシュの革命』P.43より引用

なお、ビットコインキャッシュは今後もブロックサイズを増やしていくとしているため、決済取引の時間や手数料の問題は最小化すると考えられます。

一方、ビットコインでは、高速速記システムを利用したライトニングネットワークの導入や、セグウィットという技術で、取引の記録に使用するデータを最小化することでスケーラビリティ問題を解決しようとしています。

そのうちビットコインキャッシュが、ビットコインを超える日が来るのかもしれませんね。

雨弓『仮想通貨ビットコインキャッシュの革命』(天夢人)]Image via Shutterstock


▼ Sponsored

秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

いよいよ乾燥の季節です。読者の「カサつきボディ事情」をアンケートで徹底調査。およそ8割の人が、粉を吹いたような乾燥を経験したことがある、という現実が...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/emollica.html?test2018_01

住まい探しの未来は明るい。ReTechでつくる「三方良し!」な不動産業界

リクルート住まいカンパニーが運営する「SUUMO」の賃貸部門でUI / UXや商品企画を担当する勝田良介さん。注目を浴びる「ReTech」(不動産テ...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/recruit_sumai_company.html?test2018_01

せきぐちゆう

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    ビットコインと思っていたら、ビットコインキャッシュだった!という話

    FBからも最新情報をお届けします。