1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

仕事の本棚

6,267

book_2

Image via Shutterstock

気がつけば、今年もあとわずかになってきました。

私のこの一年の生き方、はたしてどうだったのかしらと思わずにはいられません。成熟した仏のような人格を目指したいところですが、これがなかなか難しいものです。

IMG_1706_main

『完全版仏教「超」入門』 を書いた白取春彦氏は、ベストセラー『超訳ニーチェの言葉』の著者。本著もまた、大幅加筆されて全面改訂し、完全版となったベストセラーです。

昔ながらの多くの家には仏壇があり、お墓は当たり前のようにお寺にあるものです。そして季節ごとにお墓参りし、お葬式ではお坊さんに経をあげていただく……。

これらは深く考えることなく繰り返されている仏教的日本の習慣ですが、実は本来の仏教とは無関係。中にはキリスト教の影響を受けているものもあるというのです。

悟りとは、完璧な人間になることではない?

本著には、日本人の多くが持つ仏教のイメージではなく、ブッダが説いたという純粋な仏教の教えに触れています。僧侶ではない著者だからこそ、「仏教とは何か」について改めて言及できたのでしょう。ゆえに、「入門書を超えた入門書」とも呼ばれています。

正しく崇高に生きることは、実に困難な時代です。特に、ビジネスに携わりながら悟りに至るなんて、不可能ではないかと、つい思ってしまいます。

しかし、本来の悟りとは、完璧な人間になることではなく、ブッダが説いた仏教的真理を理解して身につけることだというから興味深いではありませんか。

人生の苦しみから自由になるためには

仏教の出発点は、「人生は苦しみ」というところにあります。つまり、生老病死の苦しみに満ちていると最初から認めてしまっているのです。

そのうえで、ブッダは煩悩の苦しみから自由になるための一つの手立てとして、「三毒」を離れることを説いています。「三毒」とは、「貪欲」「「瞋恚(怒り)」「愚痴(おろかさ)」のこと。

貪欲さは顔に出やすいもので濁った表情になりがち、怒りやすくなると考え方は狭くなります。そしておろかな言動は周囲に疎まれてしまい、いいことはひとつもない。

こんな「三毒」を少しでも理解し、意識して離れようとすることで、人はもっと楽に生きていけるのかもしれません。

今年の「三毒」は今年のうちにデトックス。ひとまわりすっきりとしたメンタリティで、年の瀬を迎えたいものです。

完全版仏教「超」入門

著者:白取春彦
発行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
定価:1,000円(税別)

▼ Sponsored

秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

いよいよ乾燥の季節です。読者の「カサつきボディ事情」をアンケートで徹底調査。およそ8割の人が、粉を吹いたような乾燥を経験したことがある、という現実が...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/emollica.html?test2018_01

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

忙しい毎日、少しでも自由な時間を増やしたい——。 カフェグローブ読者にアンケートを実施したところ、 意外なところで時間がかかっていることがわかりまし...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/nanox.html?test2018_01

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    FBからも最新情報をお届けします。