1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 他人の言葉で語っていると、一生損する

他人の言葉で語っていると、一生損する

仕事の本棚

book-words

自分の考えを自分の言葉で上手く伝えることができたら、人生の勝者になれそうな気がします。

どんなシチュエーションでも、自分らしい言葉で語るポイントを、川上徹也著『自分の言葉で語る技術』に学びましょう。

「借り物の言葉」だと、評価されない

コピーライターとして数々の受賞歴がある著者・川上徹也は、『自分の言葉で語る技術』を以下のような人たちに向けて書いています。

1. 自分の考えをうまく言語化し伝えることができないあなた
2. 「自己アピール」が苦手でいつも損をしているあなた
3. 平凡なコメントしか言えず人から軽く見られがちなあなた

「自分の言葉で語れない人」は、一生損をするとまで言い切る著者。そんな悩みが生まれる最大の理由は、これまでの人生を「借り物の言葉」で過ごしてきたことにあるといいます。

どこかで聞いた、誰かが言っていたようなそれっぽい言葉。ビジネス、プライベートに関わらず、うっかり使ってしまいがちです。

「借り物の言葉」を話していると、人から評価されない。自分で話したり、書いたりする言葉にきちんと向き合うことが大事であると著者はいいます。

もう使わない! と決意しよう

なんだか、難解なことのように感じてしまいますが、自分の言葉で語る技術というものは、ちょっとした勇気とコツと訓練で、ある程度のレベルまでは習得できるのだとか。

その第一歩は、驚くほど簡単で、まず、「借り物の言葉」をそのまま使わないと決意することなのだといいます。

「自分らしい言葉」といっても、自分らしさとは何なのかはっきりしないものです。そういうときは、「他人から見て自分らしい言葉」を見つける作業をすれば良いのだと著者はいいます。

たとえば、タレントである「自分」という商品を、マネージャーやプロデューサーの視点から見つめ、ふさわしい言葉を探す。タレントに魅力があったとしても、番組が求めているものと個性が違えばマッチングに至らないように、敏腕マネジャーになった気分で、その場に合った言葉を使っていくことが良いのだといいます。

日頃から、客観的に自分をチェックしておくことも「自分らしい言葉」を生み出す秘訣なのかもしれません。

自分の言葉で語る技術

著者:川上徹也
発行:朝日新聞出版
定価:600円(税別)


▼ Sponsored

世界を動かすトイレの伝道師、ジャック・シムさん

不動産ビジネスで成功を収めたのちに突如、トイレ問題に向き合う社会起業家として活動をはじめたジャック・シムさん。政府、国連まで突き動かした彼の活動の原...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/mu2_jacksim.html?test2018_01

【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?……YES!

仕事時にぴったり、といわれながら、多機能すぎて使いこなせるのかどうかと、ハードルの高さを感じる女性も多いスマートウオッチ。そこで、編集部員が実際に着...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/citizen_eco-drive_w410.html?test2018_01

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    4. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. ヤフー社員の座談会。ダイバーシティ推進のカギは「WHY」の意識だった

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    10. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    他人の言葉で語っていると、一生損する

    FBからも最新情報をお届けします。