1. Home
  2. キャリア
  3. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

仕事の本棚

5,028

book_1024

自分の考えや能力というものは、意識しないでいるとなかなか広がらないものです。しかし、もしかすると、私たちは得意な知能だけを使っていて、本来持っている他の能力を使わずにいるのかもしれません。

アートセラピーという心理療法を専門としている『自分の強みを見つけよう』の著者・有賀三夏。アートセラピーは、日本ではあまり知られていない領域ですが、アートを介して心の傷に心理的側面からアプローチする治療。

そして、著者は東北在住。東北芸術工科大学で、心理学系の講義を担当しながら創造性の研究をしています。それは、自身の専門領域が震災後の復興の役に立つのではないかと考えたからだといいます。

従来の考え方とは違う「8つの知能」の話

IMG_1707_1

そんな著者が書いた本著のテーマは「多重知能理論」。「すべての人間には、8つの知能(論理・数学・言語・音楽・空間・博物・身体・運動・対人・内政)が備わっている。それらは使っていないようでも必ずある」というものです。

私たち人間は8つの知能を持っていて、それぞれの知能の強弱がその人の知能の個性になっているということ。つまり、知能は組み合わせされて個性となっている

IQを測る知能測定は「知能は単一」「努力によって変わることはない」「IQが高ければすべてをソツなくこなせて、低ければ困難である」という考え方ですが、多重知能理論は「知能は複数ある」「潜在能力の活性化が知能発達につながる」という、従来の考え方とはまったく違うものなのです。

自分の多重知能を伸ばすには

たとえば、論理・数学的知能を伸ばしたければ「数学の問題に挑むこと」。音楽的知能を伸ばすためには、「通学・通勤中に音楽を聴く」。そんなちょっとした活動でも、8つの知能はどんどん変化して伸びていきます。

つまり伸ばしたい能力がある場合は、今持っている知能をうまく使いながら、さらに伸ばすための活動をすればいいというわけです。

しかし、もっと簡単に自分の多重知能を伸ばす方法があります。それは、日々の生活の中で「もうひとつの方法を考えてみる」ということ。解決しなくてはならない問題がおきたら、ひとつ答えが出た後に、それで満足せずにもうひとつ別の方法を考えてみる。

まだまだ、新しい自分に出会える可能性は高そうです。

自分の強みを見つけよう

著者:有賀三夏
発行:ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
定価:1,600円(税別)

▼ Sponsored

がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

19歳? 25歳? 35歳? 40歳? いったい何回曲がればいいのか、お肌の曲がりかど……。同志たちがしたためた、ちょっぴり笑えてなんだか胸アツな「...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/kose_the_wrinkless.html?test2018_01

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

忙しい毎日、少しでも自由な時間を増やしたい——。 カフェグローブ読者にアンケートを実施したところ、 意外なところで時間がかかっていることがわかりまし...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/nanox.html?test2018_01

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    9. 人生の宝物にはすべて、40歳を過ぎてから出会った/夏木マリさん[インタビュー後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    7. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    10. 賢い人ほど、とんでもない勘違いをしている? 思い込みにとらわれず世の中を正しく見よう

    頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    FBからも最新情報をお届けします。