1. Home
  2. マネー
  3. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

1,467

shutterstock_1028687764

オンライン書店からスタートしたアマゾン・ドット・コムは、今や“アマゾン帝国”と呼ばれるほどの巨大規模にまで成長しました。

向かうところ敵なしの秘密とは? アマゾンの圧倒的な強さの謎に迫ります。

「アマゾンなしでは生きていけない!」と言わせる

アマゾン・ドット・コムは、1994年7月、現CEOのジェフ・ベゾスによってアメリカのシアトルで創業されました。

こちらの記事によるとアマゾンは、創業当初、オフィスの家賃を節約するために治安の悪い場所に本社を置いていました。社用車もボロボロのものを大切に乗っていたそうです。

その理由は、ベゾス氏の徹底した“顧客第一主義”。削れるところは極力削り、顧客の満足度を少しでもアップさせるために資金を投じてきました。そしてその姿勢は、20年以上たった今でも変わらないまま。

元マイクロソフト社長・成毛眞氏の著書『amazon 世界最先端の戦略がわかる』によれば、アマゾンが最強である理由のひとつが“サービス精神”

アマゾンは、「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」を掲げている。アマゾンの「お客様へのサービス」たるやすごい。(中略)結果として、アマゾンが生活に占める割合は大きくなり、会員はどっぷりつかってしまい、脱会する気すら起きないだろう
成毛眞著『amazon 世界最先端の戦略がわかる』より引用

たとえば、月額400円のアマゾンプライム会員になれば、音楽も聞き放題、漫画・本・雑誌も読み放題、さらにプライムビデオでも映画やドラマが観放題。通販でも送料無料なので、「むしろ安いくらいだ」と思うでしょう。

しかし、なぜここまで?

ここまですれば、顧客のライフスタイルに簡単に入り込んでしまうし、さらには会員をやめる気力もなくなるはずだ。会員でありつづけると、ついアマゾンでまた物を買ってしまう。プライム・サービスとは、そういうシステムなのである
成毛眞著『amazon 世界最先端の戦略がわかる』より引用

「アマゾンなしでは、もう生きていけない!」と思わせること。これが、アマゾンの強みです。

地球規模の複数のビジネスをひとつに

shutterstock_1043589361

事業範囲の広さも、強さに繋がっています。

赤字続きでも、決して“攻めの姿勢”を崩さなかったというベゾス氏。書籍の販売だけにとどまらず、新しい分野やテクノロジーにも積極的に投資してきました。

その結果、今ではクラウドサービス(AWS)やオリジナル動画コンテンツ、そして無人コンビニ「アマゾンゴー」など、時代の流れを読みながら多種多様な商品・サービスを提供するように。

さらに、独自の物流ネットワークを持ち、アマゾンに出資している事業者向けの金融事業まで手掛けています。まさに、世界を制するアマゾン帝国。

アマゾンの基本姿勢は、単純だ。本業をする上で生まれた技術やサービスで横展開できそうなものがあったら、それを育てる。あるいは、近接する領域の事業があったら、それに乗り出す。ただアマゾンが特異なのは、そのために多額の投資をし、それぞれを、その業界でトップに立つほどの大事業にしている点だ
成毛眞著『amazon 世界最先端の戦略がわかる』より引用

たとえば、AWS(アマゾン・ウェブ・サービス)は、アマゾンがネット通販のために自社で構築したITインフラを、クラウドサービスとして他社に定額で提供するというもの。

企業はいちいち自前のITインフラを用意していたら莫大な費用と時間がかかってしまいますが、定期的にアマゾンに使用料を支払ってサービスとして利用すればかなり負担が減ります。

次のトレンドをいち早くキャッチし、顧客のニーズに敏感なアマゾンだからこそ提供できたサービスと言えるでしょう。

アマゾンの強さの理由はもちろん他にもたくさんありますが、とりあえず上記のポイントはぜひ押さえておきましょう。

成毛眞著『amazon 世界最先端の戦略がわかる』(ダイヤモンド社)]Image via Shutterstock


▼ Sponsored

世界を動かすトイレの伝道師、ジャック・シムさん

不動産ビジネスで成功を収めたのちに突如、トイレ問題に向き合う社会起業家として活動をはじめたジャック・シムさん。政府、国連まで突き動かした彼の活動の原...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/mu2_jacksim.html?test2018_01

先生教えて! この汗、イライラ……まさか「プレ更年期」?

イライラや気分のムラ、謎の汗……。認めたくないけど、これは「更年期」のはじまり? そんな不安を抱えた30〜40代のカフェグローブ編集部員たちが、産婦...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/inochinohaha.html?test2018_01

吉野潤子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 新しく習得したいことがあるなら。独学のプロいわく「まず20時間」

    7. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    8. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    9. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    10. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    1. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    6. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    10. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    7. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    8. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    FBからも最新情報をお届けします。