1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

sponsored by 花王株式会社

emollica_top

いよいよ秋冬。ファッションもグルメもお楽しみが満載なのに、厳しい夏を乗り越えた肌はお疲れの気配。そこで今回は、「秋冬のお肌に関するお悩み」についてカフェグローブ読者にアンケート。秋冬にむけたスキンケアの傾向と対策を考えてみました。

圧倒的トップは「乾燥」だった

まずは「秋・冬にいちばん気になるお肌の悩み」から。ホンネ調査で栄えある1位に輝いたのは「乾燥(79%)」でした。2位以降のシミ・そばかす(6%)やくすみ(6%)などと比較すると、みんなの“気になる度”は圧倒的。夏の紫外線のツケとして、肌にくっきりと跡を残すシミ・そばかすよりも、お肌の乾燥が気になるとは……。これはかなり、根の深い悩みといえそう。

emollica_1

カフェグローブ読者アンケート「ホンネ調査」より(2018年9月15〜17日実施)

「乾燥」の悩みは全身に

しかも顔以外の肌で乾燥が気になる部位を調査すると、首・背中・二の腕・ひじ・ひじから下・太もも・ひざ・すね・かかと・お尻……と、お腹をのぞいてほぼあらゆる部位に票が分散するという結果に。

31%ともっとも気になる方が多かった「すね(ひざから下)」は、秋冬にはボトムスやタイツで隠れる部分です。見えないところの乾燥も気になる、女性の繊細な心理が浮かび上がります。

8割が“乾燥レスキューサイン”を経験

いったいなぜ、こんなにも肌の乾燥が気になるのでしょうか。その答えは、かさついたり、粉をふいたような乾燥を、8割もの読者が経験しているという回答に隠されている気がしました。

emollica_2

カフェグローブ読者アンケート「ホンネ調査」より(2018年9月15〜17日実施)

乾燥でカサカサ、ゴワゴワした肌の手ざわりは、たとえ人目に触れなくても、何より自分のテンションを下げてしまう。そんなところが、ボディの乾燥対策の手強いところなのかもしれません。

入浴後のスキンケアは時間が勝負

とはいえ、「乾燥がつらい」をけっして放っておかないのが大人の女性。読者の乾燥対策をうかがうと、「ボディクリームやオイルを塗る」が86%とダントツでした。

ケアのタイミングとしては、おそらくお風呂上がりか就寝前でしょう。ただし注意したいのは、お風呂でふやけた肌はうるおいが逃げ出しやすいということ。お風呂上がりすぐにケアすることが大切です。

emollica_乾燥対策

カフェグローブ読者アンケート「ホンネ調査」より(2018年9月15〜17日実施)

お風呂の中はスキンケアのチャンス

ゴールデンタイムの入浴後を逃さず、クリームやオイルを全身に塗り込めるか。これは、忙しい女性にとってはなかなかのハードル。それならば、いっそ「お風呂の中でスキンケア」という発想に切り替えてみませんか。

調査では「保湿できる入浴剤を使う」人は全体の4%と、ボディクリーム・オイル派とくらべれば少数派。だからこそ、ここに保湿ケアの可能性がある……といえるのでは?

お風呂であたためられ、水分でふやけて柔らかくなった肌は、保湿成分が浸透しやすくなっています。保湿効果の高い入浴剤を使えば、お風呂につかりながら、全身うるおいケアができるというわけです。

秋冬に使いたいしっとり感とやさしさ

素肌にじかに触れる入浴剤は、肌にやさしく、自分にとって心地よい香りや質感があるものを選びたい。毎日使うものだから、どこでも買いやすく手頃な価格であることも外せないポイントです。

その点「薬用エモリカ」は、乾燥に悩むこれからの季節におすすめしたいアイテム。有効成分の米胚芽油が入浴効果を高めて、肌荒れ・しっしんに効きます。さらに、3つの保湿成分オーツ麦エキス、セラミドAP+(※)、ユーカリエキス配合で、お風呂につかっているだけで保湿成分が角層まで浸透します。赤ちゃんのやわらかな肌にも安心して使えます。

エモリカ_商品画像_アタリ

左から「エモリカ 薬用スキンケア入浴液 フローラルの香り」「エモリカ 薬用スキンケア入浴液 ハーブの香り」(各450ml )【医薬部外品】入浴効果を高めて、肌荒れ・しっしんに

「薬用エモリカ」の特徴のひとつは、「うるおいリッチ処方」。入浴液の色は透明なのですが、お湯に入れると乳化して、真っ白いお湯になります。これは余分な水分は含まず、凝縮された保湿成分がたっぷりふくまれている証なのだそう。

気分がゆったりする「フローラルの香り」と、さわやかな「ハーブの香り」の2種類がありますが、どちらも香りが強すぎないのが好み。入浴後も不自然なベタつき感が残らず、とても気持ちがいいのです。

エモリカ画像

なにより、ただお湯につかっているだけで、背中など手が届きにくいところまで保湿できるのが楽ちん。もちろん時短にもなり、入浴後に大あわてでオイルやクリームをすり込む、あのせわしなさから解放されました。

スキンケア入浴液は、秋冬の乾燥対策にもってこい。毎日の入浴で、全身がいつもしっとりと心地よくいられるなら、こんなに嬉しいことはありません。

※ セラミドの働きを守り補う保湿成分。ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルへキサデカナミド、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド

エモリカ プレゼントキャンペーン実施中!

ただいま、エモリカのブランドサイトでは、毎月抽選で50名様に「エモリカ 薬用スキンケア入浴液 フローラルの香り 本体」が当たるプレゼントキャンペーンを実施中。2018年12月25日(火)まで。詳細・応募はこちらから。

エモリカ

撮影/中山実華(5枚目)、取材・文/田邉愛理
Image via Shutterstock

Sponsored by 花王株式会社

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    FBからも最新情報をお届けします。