1. Home
  2. コミュニケーション
  3. 誰もが買えるコンドームで韓国の性文化に革命を起こす/GINA PARKさん[MASHING UP]

誰もが買えるコンドームで韓国の性文化に革命を起こす/GINA PARKさん[MASHING UP]

MASHING UP/マッシングアップ

1,872

「10代のセックス=タブー」。そんな風潮がいまだ根強い韓国。

そんな韓国で、性に対する若者の意識変革を起こすべく、ヴィーガンコンドームやナチュラル素材の生理カップを販売するウェルネスブランドがあります。Forbesが実施する30 Under 30 Asia 2018にも選ばれた、EVE Condom。創業者3人のうちのひとり、Gina Parkさんが、11月のMASHING UP (DAY 1)にキーノートスピーカーとして登壇します。MASHING UPでのトークに先がけて、ソウルでGINAさんのお話を伺いました。

—— EVE Condomは、現在5つの商品を展開していますが、このビジネスをはじめるきっかけは何だったのでしょうか?

EVE Condomは、高校の同級生2人と私の3人で立ち上げました。最初の商品は社名にもなっているコンドームです。10代の若者たちが性交渉をする際に、ちゃんとコンドームを使ってほしいという想いから始めました。

EVE_condom_1

EVE Condomの3人の設立者

-——ドラッグストアやコンビニでも避妊商品を購入できますよね?

はい、できますね。しかし、韓国では昔から、20歳になる前に性交渉を行うことはタブーとされてきました。なので、10代の若者たちがコンドームを購入しようとしても、大人達が冷ややかな目で見たり、攻撃的な言葉を投げかけることがあり、彼らが買いたくても買えないというのが現状です。学校も性教育については積極的ではありません。

—— EVE Condomとして10代の若者にどのようにアプローチしたのですか?

ウェブサイトから問い合わせをもらった方すべてに商品を郵送でお届けしています。今は毎月50〜100名ぐらいの新規の問い合わせを受けています。

その他にも、最近ではキャンペーンのひとつとしてコンドームの自動販売機を設置してみたんです。

——自動販売機!?

そう。10代専用の自動販売機。キャンペーンの結果としては五分五分ですね(笑)。

というのは、いくつかの自動販売機は性教育に対してとてもネガティブな大人たちに壊されてしまいました。でも、何事もやってみないと分からないですし、やってみてよかったと思っています。

—— ジーナさんのひとりの女性としての視点がEVE商品のヒントになっているということはあるのですか?

私自身、コンドーム という異物が自分のカラダの中に入っていると思うと、使用しているコンドームは自分の健康を害するものではないだろうか?と心配になり、使われている成分を調べたことがありますね。

また、従来のコンドームは男性に買ってもらうことを想定しているためか、黒、赤、ゴールドといった強い色使いのものが多く、装着時の薄さを主張するなど、いかにも男性の快楽のみを提供しているという点も気になっていました。ですから、私たちは、女性でも購入しやすくするためにパッケージデザインや色にはこだわりをもっています。

EVE_condom_2

EVE Productのコンドーム3種類。デザインにはこだわった

—— EVE Condomはヴィーガンコンドームと明記してありますが、どこがヴィーガンなのでしょうか?

コンドームはヘルスケアの分野になるので動物実験が行われているケースが多くあります。しかし、私達は時間とコストがかかっても動物実験は行わず、研究結果や書類申請で各機関の許諾を取りました。 また、動物性の素材も一切使っていません。

——数か月前には生理用品(生理カップ、生理パンティ)もローンチしましたね。

はい、女性を応援する形として、とても自然な流れで生理用品を作りました。MASHING UPでは私たちが生理用品を手がけるようになった経緯を、韓国の文化的背景や性教育などの事情も織り交ぜつつ、お話ししたいと思っています。

—— MASHING UPでのトークをとても楽しみにしています! どうもありがとうございました!

TALK SESSION : ヴィーガン・コンドームと生理カップで韓国の若者の意識変革を起こしている、EVE Condomとは?

日程:2018年11月29日(木)13:50-14:20
会場:トランクホテル 1F ONDEN(東京都渋谷区神宮前5-31)
詳細・申込み:https://mashing-up.mediagene.co.jp/

取材・文/中村 寛子 写真/EVE CONDOM提供

異なる業種・国籍・性別・分野のひとびとが出会い、いくつもの化学反応を生み出すビジネスカンファレンスMASHING UP。800人を動員し、大好評のうちに幕を閉じた第1弾につづき、11月29日・30日に第2弾を開催します。魅力的なスピーカー陣による熱いセッションが目白押しです。

mu_bnr


▼ Sponsored

秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

いよいよ乾燥の季節です。読者の「カサつきボディ事情」をアンケートで徹底調査。およそ8割の人が、粉を吹いたような乾燥を経験したことがある、という現実が...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/emollica.html?test2018_01

住まい探しの未来は明るい。ReTechでつくる「三方良し!」な不動産業界

リクルート住まいカンパニーが運営する「SUUMO」の賃貸部門でUI / UXや商品企画を担当する勝田良介さん。注目を浴びる「ReTech」(不動産テ...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/recruit_sumai_company.html


  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    2. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    3. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    4. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    8. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    誰もが買えるコンドームで韓国の性文化に革命を起こす/GINA PARKさん[MASHING UP]

    FBからも最新情報をお届けします。