1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. haruの恋占い
  5. 【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

21,991

201809_haru_1

今月は「パワフル」という意味を履き違えないようにしたい時期。自己主張をするのは大事だけど、必ず「思いやり」を含ませないと相手の心は微動だにしません

誰かの心を動かすのに必要なのは「強さ」ではなく、「共感」です。どんなに異なる考えだったとしても、相手には相手の思いがある。そのことに気づく必要があります。

利用する……という言い方は表現が悪いかもしれませんが、誰かの「思い」を理解して、それを利用してあなたが望む方向に引っ張ることができれば最強。

今月は、強さだけを主張してしまうと、「思わぬ展開」への引き金を引いてしまう可能性が高いようです。よかれと思って助言したことが、相手を傷つけ、心の距離をとられてしまうことが多発する時期なのでご注意を。一か八かというギャンブルも控えて。相手にショックを与えて改心を望む……これ、失敗に終わる可能性が高いようです。

まずは共感する努力を。そして少しでもお互いが交わるための、自分から歩み寄ことがなによりも大事なようです。

1月生まれのあなた/2月生まれのあなた/3月生まれのあなた/4月生まれのあなた/5月生まれのあなた/6月生まれのあなた/7月生まれのあなた/8月生まれのあなた/9月生まれのあなた/10月生まれのあなた/11月生まれのあなた/12月生まれのあなた

【haruの恋占い】年間占い

カフェグローブのほかの占いも見る

自分の直感や感覚を大切に!【吉野まゆのインド占星術】

[高い的中率を誇るインドの伝統占いインド占星術!] 2018年10月15日〜11月14日の運勢は? 直感や感覚を信じる気持ちが高まる予感。

https://www.cafeglobe.com/2018/10/india_october.html

未来の自分をイメージして行動しよう。10月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

[10月は未来の自分をイメージして行動するとよいかも]占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けし...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/ousaka_2018_october.html

Image via Shutterstock

haru

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    2. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    3. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 「うまく言葉にできない」なら。自分の感情を言語化し伝える力を強化するコツ

    6. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    7. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. これぞ安全策。会社に勤めながら、まずはライトな副業を始めてみよう

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    【haruの恋占い】11月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

    FBからも最新情報をお届けします。