1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. おひつじ座(メーシャ)4/15~5/14生まれの人【インド占星術】

おひつじ座(メーシャ)4/15~5/14生まれの人【インド占星術】

4,198

mayu_ohitsuji

10月15日〜11月14日の運勢は?

あなたが前面に立って守ってきたこと、立ち向かってきたことに動きが出てくる時、それは戦いのようなものだったのかもしれないし、巻き込まれて身動き取れなかったかもしれません。

10月25日のおひつじ座満月を転機に、11月になると突然大きな変化の波がやってきて、あなたを巻き込んでいきそう。新たなステージへと押し出されるかのごとく、嵐のような体験になる予感。

それはあなたにとっては自身の成長であり、今までの努力の成果が実り多くのものを受け取ることができるでしょう。あなたが助けてあげた人や、ともに協力してやってきた人との深い繋がりを感じるでしょう。

LOVE

パートナーのことを想う気持ちが深化してくる予感。関わり・関係性に意識を向けてみるとよいです。きちんと対峙してみる、長い時間をかけて話し合ってみる、時には議論を闘わせてみることもあり。

深く関われば関わるほどに、相手からの愛情や思いやりも感じ取ることができるでしょう。この時期、異性同姓関わらず、年下年上問わず、深く相手にコミットメントして、本物の信頼関係を築くことがポイント。

BUSINESS

棚ぼたのような助けが入る予感、特に知り合いの知り合い、友人の知り合いなど間接的な繋がりの人に助けてもらえそう。その人と今後協力してビジネスを盛り上げていく関係になるかもしれません。

その意味でも助けてもらった人への恩を忘れないで。逆に相手がピンチになったときは、あなたが率先して手を差し伸べてあげてくださいね。

TO DO

お客さんや取引先の人との接待や会食に吉あり、存分にもてなして。

10月15日~11月14日の全体運
おひつじ座(メーシャ)2018年の運勢は?
「吉野まゆのインド占星術」とは?

カフェグローブのほかの占いも見る

未来の自分をイメージして行動しよう。10月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

[10月は未来の自分をイメージして行動するとよいかも]占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けし...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/ousaka_2018_october.html

【haruの恋占い】10月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年10月は、「運命共同体」がキーワード。人間関係を引き寄せるか、手放すかの判断が重要です。

https://www.cafeglobe.com/2018/09/haru_2018_october.html

Image via Shutterstock

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    2. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    6. 目標は持たない。失敗は失敗ではない/星野佳路さんの仕事術[前編]

    7. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 食べ過ぎで太らないコツ、教えます。AVIのリラックスヨガ

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    4. 人からの評価を気にする完璧主義者は「プライド型」の緊張タイプ。対処法は?

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 「最近急に太ってきた。さあどうする?」の正解は

    7. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    8. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    2. 人を動かしたいなら? 「やれ」と言ってはいけないんだって

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    5. 生きづらさを感じている人は必見。『自分の「人間関係がうまくいかない」を治した精神科医の方法』

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 現役東大生のシンプルな勉強法で、効率的に学ぼう

    8. 猫背が伸びると気持ちいい! 肩を開くストレッチで、悪い姿勢を解消しよう

    9. そもそも、なぜコミュニケーションが苦手なのか。この4つが原因かもしれません

    10. ポイントは割り下の黄金比率。究極の「すき焼き」レシピ

    おひつじ座(メーシャ)4/15~5/14生まれの人【インド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。