1. Home
  2. 占い
  3. 占い
  4. 吉野まゆのインド占星術
  5. さそり座(ブリシュチカ)11/15~12/14生まれ【インド占星術】

さそり座(ブリシュチカ)11/15~12/14生まれ【インド占星術】

3,618

mayu_sasori

10月15日〜11月14日の運勢は?

癒しや心の安らぎを求めたくなる時。自分の内面に意識を向けて、内なる世界を充足させることがキー

10月12日に木星がさそり座に入り、前進したい気持ちに駆られる時ですが、今は心の乱れや身体の疲れを感じがちな時。ブレーキをかけ気味の方がいいでしょう。休息を取りながらゆっくりといきたいところです。来月になると勢いが出てくるので、今はしばし静観することを心掛けて。

ただ、精神的な方向へ行けば行くほどに充足感が増してくる時。海外のパワースポットや神社仏閣、お寺など清浄な場所に行ってパワーチャージしてみるといい。

LOVE

人が見ていないところで、人のための働きをすることが出会いに繋がっていきそう。災害が続くこの時期、ボランティア活動や募金など今のあなたにできることをやってみるとよいです。

誰かのためになっている、誰かの役に立っていると思えるだけで、心に充足感が広がってくるでしょう。元々とてもピュアな心を持っているあなたのこと、深い愛の心が自分の中で目覚めることを実感するはず。

BUSINESS

仕事に関してはあまり積極的に関わりたくない気分で、抱えている仕事も先送りにしてしまいがち。

あなたの中で優先順位をつけて先延ばしするのはいいのだけど、日々のルーティンワークに意識がとらわれてしまいがち。今後のあなたのキャリアアップにとって必要なこと、優先順位の高いことに意識を向けて、少しずつでも取り組んでみて。

TO DO

ヨガの呼吸法や瞑想をとりいれて。

10月15日~11月14日の全体運
さそり座(ブリシュチカ)2018年の運勢は?
「吉野まゆのインド占星術」とは?

カフェグローブのほかの占いも見る

未来の自分をイメージして行動しよう。10月の全体運【逢坂杏の12星座占い】

[10月は未来の自分をイメージして行動するとよいかも]占い師の逢坂杏さんが西洋占星術から導く12星座の月間占い。全体運、ビジネス運、ラブ運をお届けし...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/ousaka_2018_october.html

【haruの恋占い】10月のあなたの運勢はどうなる? ちょっと大人な恋愛予報

[haruのタロット占い]2018年10月は、「運命共同体」がキーワード。人間関係を引き寄せるか、手放すかの判断が重要です。

https://www.cafeglobe.com/2018/09/haru_2018_october.html

Image via Shutterstock

吉野まゆ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    6. 仕事の運気を上げるための3つの意識改革/まとめ

    7. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. いくらなんでも、贅沢すぎません? 「特別感満載コース」で充実させる金沢旅行

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    7. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    8. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    9. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    10. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    さそり座(ブリシュチカ)11/15~12/14生まれ【インド占星術】

    FBからも最新情報をお届けします。