1. Home
  2. キャリア
  3. ムダな自意識を手放す。「わたし」が納得する生き方をするには

ムダな自意識を手放す。「わたし」が納得する生き方をするには

MASHING UP/マッシングアップ

GettyImages-723501369_640

組織の一員として、仲間として、家族として、パートナーとして、友人として。わたしたちは日々いろいろな役割を果たしながら生きています。

すると、いつの間にか「自分」の意思や気持ちが置き去りになっていることも。一度しかない人生、ほかの誰でもない「自分」が納得する生き方をするにはどうしたらいいのでしょうか?

今年の2月に開催したダイバーシティをテーマにしたカンファレンス「MASHING UP」の第一回。登壇者たちの言葉に、そのヒントが隠されていました。

自分のプロとして、自分を生きる

「枠を考えずに、ワクワクを考えましょう」

枠にとらわれず、ワクワクすることをすればいい。ユニリーバ・ジャパン島田由香さん [MASHING UP]」より

そう語ったのは、ユニリーバ・ジャパンの島田由香さん。

男だから、女だから、という枠。◯歳だから、という枠。会社員だから、フリーランスだから、という枠。無意識のうちに自分に当てはめられたたくさんの「枠」を、一度すべて取り外してみる。

その状態で自分が「ワクワクすること」を考えてみると、新しい一歩を踏み出せるかもしれません。

「基本的に、男とか女とかどうでもいい。あなたがあなたであることが大事。自分って自分のプロでしょ。やりたいようにやればいい」と島田さん。

何かのプロである前に、自分のプロ。そう思うと、より誇りを持って自分の人生を歩んでいけそうです。

GettyImages-1042683360

“おっさん”を見習って自意識を手放す

「おっさんもおばさんも割と考えずに、ものを言ったりするじゃない。それって、めんどくさい自意識から突然解放される、みたいな」

おじさん VS 世界 「若者よ、自意識を捨ててラクになれ」 [MASHING UP]」より

自分がそうできていることに気づいたときに、「なんてすてきな解放なんだ」と思ったという、黒鳥社の若林恵さん。

「こんなことを言ったらかっこ悪いかも」「恥ずかしい姿は見せたくない」という自意識。これを乗り越えられたら、思うままに発言ができて、仕事もプライベートも、今とは違うものになっているかもしれません。

若林さんが語る“おっさん”や“おばさん”は、どこか自由で生き生きとしているイメージ。過剰な自意識を捨てて、軽やかに生きていければ、より人生を謳歌できるのではないでしょうか。

GettyImages-1042683332_740

名言、vol.2 でも飛び出します

島田由香さんと若林恵さんは、2018年11月29日と30日に行われる「MASHING UP」の第二弾にも登壇します。

2shot_640

島田由香さん(左)、若林恵さん(右)。

島田さんが参加するのは、トークセッション女性リーダーの企業内サバイバル論」(11月30日 16:25〜17:05)。管理職のサバイバル術を伊藤かつらさん(日本マイクロソフト)、竹下隆一郎さん(ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン)、南里彩子さん(三菱UFJフィナンシャルグループ)とともに語ります。

若林さんは、同じく11月30日、14:55〜15:35予定の「アンコンシャス・バイアスを考える」に。平山潤さん(HEAPS.)、星加良司さん(東京大学准教授)とともに、人間だれしも無意識のうちに持っているバイアスについて掘り下げます。

今回も、わたしたちの背中を押してくれる力強い言葉が飛び出しそう。ユーモアもたっぷりのお二人のトーク。ぜひ、ライブでお聞きください。

「女性リーダーの企業内サバイバル論」
日時:2018年11月30日(金)16:25〜17:05
会場:トランクホテル 1F ONDEN(東京都渋谷区神宮前5-31)

「アンコンシャス・バイアスを考える」
日時:2018年11月30日(金)14:55〜15:35
会場:トランクホテル 2F MORI(東京都渋谷区神宮前5-31)

詳細・申込み:https://mashing-up.mediagene.co.jp/

異なる業種・国籍・性別・分野のひとびとが出会い、いくつもの化学反応を生み出すビジネスカンファレンスMASHING UP。800人を動員し、大好評のうちに幕を閉じた第1弾につづき、11月29日・30日に第2弾を開催します。魅力的なスピーカー陣による熱いセッションが目白押しです。

mu_bnr

Image via Getty Images


▼ Sponsored

世界を動かすトイレの伝道師、ジャック・シムさん

不動産ビジネスで成功を収めたのちに突如、トイレ問題に向き合う社会起業家として活動をはじめたジャック・シムさん。政府、国連まで突き動かした彼の活動の原...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/mu2_jacksim.html?test2018_01

住まい探しの未来は明るい。ReTechでつくる「三方良し!」な不動産業界

リクルート住まいカンパニーが運営する「SUUMO」の賃貸部門でUI / UXや商品企画を担当する勝田良介さん。注目を浴びる「ReTech」(不動産テ...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/recruit_sumai_company.html?test2018_01

cafeglobe編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    7. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    8. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    9. 40代女性が目指す理想の女性は誰ですか?/AVIの「工夫美容」#11

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    2. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    3. 最高の指導法は、教えないこと? 部下の能力を最大限に発揮させるには

    4. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ネイティブをムッとさせてない? その英語、実は失礼かもしれません

    7. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    8. 「美人収納」で人生まで美しく! プロが教えるスッキリ収納のコツ

    9. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    10. 早く聞きたかった!お金を「安全」に増やす5つの質問

    1. アボカドを一晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    2. 毎日ストレッチをすると、こんなすばらしいことが身体に起きます

    3. みんながいくらボーナスを貰っているのか、気になりません? #ホンネ調査

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. はじめは魅力的な人に見える「ソシオパス」の10の兆候

    7. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    8. 自分のカオスな部屋を見て心が折れても『鬼速片づけ』ならキレイにできそうな予感しかない

    9. 「夕方おぶす」になってない? 終業時間まで効率よく美しく働く3つのポイント

    10. 【チケットプレゼント】ビジネスパーソンにはアートが必要って「フィリップス・コレクション展」で気づいた

    ムダな自意識を手放す。「わたし」が納得する生き方をするには

    FBからも最新情報をお届けします。