1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 美しさ=体型でいいの? 現役モデルと世界で巻き起こる“ボディポジティブ”について語るイベント開催します!

美しさ=体型でいいの? 現役モデルと世界で巻き起こる“ボディポジティブ”について語るイベント開催します!

MASHING UP/マッシングアップ

sate_huff_top

多くの女性は体重や見た目にとても敏感。痩せていないとかわいいとはいえない、目が小さいから写真には写りたくない、などと自分の体型やイメージについネガティブになってしまう傾向があります。

しかし、状況は変わりつつあります。モデル業界もいろんな体型の人にあふれてきて、性別だってジェンダーフリーモデルが活躍し始める時代に突入してきました。

そこで、10月26日(金)、MASHING UPハフポスト日本版とコラボし、多様性のテーマのひとつでもある「ボディポジティブ/ボディイメージ」を軸にサテライトイベントを展開します。

当日はモデルとして活躍するサマンサ麻里子さんをゲストにお迎えし、本当の美しさについて考えます。

モデレーターは、ハフポスト日本版ブログエディター、井土亜梨沙さん。参加者の皆さまにもご参加いただくインタラクティブなセッションにしたいと思っております。ぜひお越しください!

<スピーカー>

サマンサ

サマンサ麻里子(Samantha Mariko)
南カリフォルニア出身のブロガー、モデルとDJ。カリフォルニア大学ロサンゼルス校をピアノ科で卒業後、東京でのモデルキャリアをスタート。ブロガーとしても日本や海外の様々なブランドとコラボレーションし、現在はコスモポリタンジャパンで連載を手掛けている。東京のあらゆるクラブやファッションパーティーでDJし、La Fondue Tokyoの設立者の1人でもある。

■ボディイメージについて書かれたサマンサさんのブログ記事を読む:
『On body image & accepting yourself』

<モデレーター>

Arisa_Ido

井土亜梨沙(ハフポスト日本版)
1990年生まれ。一橋大学卒業。ハフポスト日本版ブログエディター。「Ladies Be Open」のプロジェクトを立ち上げ、女性のカラダにまつわる様々な情報を発信している。1か月間メイクしない自身の生活を綴った「すっぴん日記」なども。

■井土さんの記事を読む:
体重を公開したローラと、痩せるまで無期限の休憩を言い渡されたなちょす』
学生証の私がキライ。そんな少女たちが、写真を撮りなおして笑顔になった理由』

変わりゆく私たちとモデルの関係 - 本当の美しさって体型のこと? MASHING UPサテライトイベント

日時:2018年10月26日(金) 19:00 ~ 20:30
場所:株式会社メディアジーン 1F (東京都 渋谷区円山町 23-2 アレトゥーサ渋谷 1階)
参加費:1000円
主催: MASHING UP 運営事務局
参加申し込み:https://eventregist.com/e/mashingup1026


▼ Sponsored

秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

いよいよ乾燥の季節です。読者の「カサつきボディ事情」をアンケートで徹底調査。およそ8割の人が、粉を吹いたような乾燥を経験したことがある、という現実が...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/emollica.html

【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?……YES!

仕事時にぴったり、といわれながら、多機能すぎて使いこなせるのかどうかと、ハードルの高さを感じる女性も多いスマートウオッチ。そこで、編集部員が実際に着...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/citizen_eco-drive_w410.html?test2018_01

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 脚がむくむ、乾燥してかゆい。それって「隠れ下肢静脈瘤」かも

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. すぐに取り入れられる、自己肯定感を高めていく方法

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    8. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    9. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    6. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    美しさ=体型でいいの? 現役モデルと世界で巻き起こる“ボディポジティブ”について語るイベント開催します!

    FBからも最新情報をお届けします。