1. Home
  2. ライフスタイル
  3. あなたのスキンケアはなあに? 私は「バラ」で

あなたのスキンケアはなあに? 私は「バラ」で

花にたとえたら、バラのような人だね——。そう言われて嫌な気分がする人は多分、いないはず。

その格調高い香り、類ない美しさを体現するコスメ、資生堂「クレ・ド・ポー ボーテ」の最高級ライン「シナクティフ」は2018年で誕生10周年。10月21日に発売する記念コフレには、唯一無二のバラを使用したオートパルファムが華やかにセットされています。

このローズシナクティフは、世界有数の名門種苗会社デルバール社のバラのこと。その「見た目の美しさ」と「香りの美しさ」から、2006年、世界的に最も権威のある「バガテル国際新品種コンクール」で金賞・ベストフレグランス賞の2冠を受賞しています。

181012_1

「クレ・ド・ポー ボーテ コフレ シナクティフ」30,000円(税別)。世界で最も優れた香りを持つと認められたバラ“ローズシナクティフ”の香りを基調としたオードパルファムの限定アトマイザーを含む7アイテムの記念セット。

香りはスキンケアの一部

直接スキンケアとは関係ないように思える「香り」。しかし資生堂は、香りに肌の状態を改善する「スキンケア効果」があることを発見しました

たとえば、現代バラの花の香りに含まれる成分「ティーローズエレメント」は、気分をリラックスさせる香り(鎮静効果成分)であるだけでなく、皮膚バリア機能回復効果もあるのだそう。香りは心理的に作用するだけでなく、皮膚機能にまで及ぶ効果があるようです。

このシナクティフにおいても香りはスキンケアの一部と考え、2013年に発売したスキンパルファムに採用した「ローズシナクティフ」が基調に。スキンケアに相応しい深いリラックス感が得られます。さらにアイテム毎に香りに変化を加えることによって、お手入れしている間、香りのハーモニーが奏でられます。

つまり、コフレ シナクティフは、浄化でスタートする先端技術を、麗しい香りの効果とともに体験する贅沢なスキンケアの極みといえるでしょう。

ミニマムステップが助かります!

とはいえ、どんなに素晴らしい効果があっても複雑なスキンケアを朝晩続けるのは難しい

シナクティフは浄化でスタートし、美容液(日中用、夜用)、クリームで仕上げるだけのミニマムステップ。くすみやたるみなどエージング肌が気になるけど忙しい人に、朝晩合わせてわずか5アイテムで、はりのある鮮明な美しさを目指せるのは嬉しいもの。

そろそろ夏のお疲れ肌を払拭してホリデーシーズンに向け、肌もベストな状態に切り替えたいころ。贅沢にライン使いで効果を存分に体験するチャンスです。

クレ・ド・ポー ボーテ コフレ シナクティフ

2018年10月21日発売

資生堂, クレ・ド・ポー ボーテ


▼ Sponsored

秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

いよいよ乾燥の季節です。読者の「カサつきボディ事情」をアンケートで徹底調査。およそ8割の人が、粉を吹いたような乾燥を経験したことがある、という現実が...

https://www.cafeglobe.com/2018/10/emollica.html?test2018_01

【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?……YES!

仕事時にぴったり、といわれながら、多機能すぎて使いこなせるのかどうかと、ハードルの高さを感じる女性も多いスマートウオッチ。そこで、編集部員が実際に着...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/citizen_eco-drive_w410.html?test2018_01

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    あなたのスキンケアはなあに? 私は「バラ」で

    FBからも最新情報をお届けします。