1. Home
  2. キャリア
  3. 自慢できる学歴や役立つ資格がないなら。自分の強みを「プロ化」して活かそう

自慢できる学歴や役立つ資格がないなら。自分の強みを「プロ化」して活かそう

——マイロハスより転載

こんにちは。マリアージュカウンセラーの斎藤芳乃です。もっとスキルアップもしたいし、もっともっと自分を高めて「私だからこそできること」を探していきたい。

0GettyImages-905746192

向上心ある人であれば、誰もがこんな願いを秘めているかと思います。けれど、ここで問題となるのが、「私だからこそできることって何?」ということ。

資格や学歴などは一部の特別な人しか持っていないし、これからもう一度大学に行くのはちょっと……。何か「これ」といったスキルを身につけたいけれど、でもそれをプロとして使うには時間がかかる。そんな風に悩みはつきません。

でも、「何か特別なこと」が無かったとしても、自分の才能は仕事として活かすことができるんです。今回は、自分の才能や強みをリアルに仕事に活かすための3ステップをお伝えしていきたいと思います。

「強み」とは、目に見えることではない

まず多くの方が誤解しているのは、自分の強みとは「学歴」「資格」といった目に見える履歴書に書くことではないということです。仕事というのは、資格やスキルはもちろんですが、それ以上に「人との関わり」が大切になります。

仕事でも、「コミュニケーション力が高い」、「女性的なフォローができる」、「女性らしい感受性を使ってアイデアを出す」、「代替えを提案できる」、「効率化が得意」など、さまざまな目に見えない要素が大切になりますよね。

0GettyImages-907969040

しかし、こうしたことを、多くの方が「価値」だと思えていないのです。けれど、実際に考えてみてください。過去、「あなたがいたこと」で円滑に回ったことはありませんでしたか? 険悪なムードだった場が和んだ、仕事の工夫を提案することができた、よりフローがスムーズになったなどなど。

まずは、御礼を言われたこと、明らかに役に立ったこと、給料として査定はされないけれど貢献できたことを思い出してみましょう。

強みを「プロ」として使ったら、何に活かせる?

次に大切なことが、それらの特技やできることを、単に「資格ではないから」と切り捨てずに、「私はそのプロなんだ」と捉え直すことです。

たとえば「チームワークをよくするプロ」「女性的な視点でアイデアを提案するプロ」「フォローのプロ」「男性社員の対応のプロ」「環境作りのプロ」など。こうして自分が「その道のプロなのだ」という自覚を持つことで、これが他の人にはできないけれど、自分にはできる素晴らしい個性になります。中には「人の話を聞く=カウンセリングのプロ」でもいいんですね。あくまで大切なことは、資格うんぬんではなく、「それができる!」という自尊心を持つこと

0GettyImages-489427926

それを考えることができたら、次に「その能力を必要とする職場は?」と考えてみてください。たとえばチームビルディングが必要な立ち上げたばかりのベンチャー企業、大企業で人が多すぎて、離職率が高い職場、アイデアや創造性を大切にしている商品企画など。

こうして考えることで、「あなたを必要としてくれる場所」が明確になります。あくまで、「自分が求められる場所」を、プロして見極めるということが大切なんですね。

もしここで、「英語をさらに習う」「さらに美的センスを使って何かを作成する」など、資格が必要となるならば、それは率先して身につけましょう。ここではじめて、「あなたの個性」を活かしながら、資格を活かしていくことができるようになります。

実際に「プロとして」の自分で人と関わっていく

そしてここまで構築することができたら、後は「プロとしての自分」で、人と関わってみてください。

たとえば取引先の人と接する際にも、「私はこれが得意なんです」と伝えてみる。「以前、こうした改善策を考えて、これだけ環境を変えることができました」など、しっかりと自分のプロフィール=強みをもとに、人と接していきます。

0GettyImages-638065914

こうして自己申告することで、それが相手からの信頼につながり、資格ではないけれど「あなただからできて、あなただから必要とされる」という関わりへと変化していきます。これは仕事を変える際も同じです。ただ紙に書く履歴ではなく、「私が私として人と関わったときの影響力」をしっかりと「プロ化」することで、それがあなたの強みになるのです。

仕事とは、人と関わること。最終的には、ただスキルを求めるだけではなく、「あなたという人が必要とされる」ことが、差別化につながり、一生の職業につながっていきます。

0GettyImages-583996412-(1)

あなたはすでに、あなたとして生きるプロだということを忘れないで。こうして強みを持てば、自分の好きなことも活かしながら、さらに必要とされる人物になっていくでしょう。

>>「運命を変えるマインド革命」をもっと読む

マイロハス]文/斎藤芳乃 Image via Getty Images

▼ Sponsored

【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?……YES!

仕事時にぴったり、といわれながら、多機能すぎて使いこなせるのかどうかと、ハードルの高さを感じる女性も多いスマートウオッチ。そこで、編集部員が実際に着...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/citizen_eco-drive_w410.html?test2018_01

世界を動かすトイレの伝道師、ジャック・シムさん

不動産ビジネスで成功を収めたのちに突如、トイレ問題に向き合う社会起業家として活動をはじめたジャック・シムさん。政府、国連まで突き動かした彼の活動の原...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/mu2_jacksim.html?test2018_01

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. なにもAIの超知性化だけが、近未来の脅威じゃない/林信行さん[中編]

    6. シンギュラリティの足音は聞こえている/林信行さん[前編]

    7. 仕事だけでなく、生きる目的を明確にする/ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社 取締役人事総務本部長 島田由香さん

    8. 最上級にやわらかく美しい「チェック柄ストール」みつけた

    9. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    10. 63歳でビキニ姿のクリスティ・ブリンクリーは、ビリー・ジョエルのアップタウン・ガールだった #TBT

    1. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    2. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    3. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    4. ちょっとしたコツで「不安な気持ち」は繰り返さなくなる

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. ヤバイくらいにノイズキャンセリングする最高峰ヘッドフォン

    7. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    8. 仕事の人間関係に疲れちゃったら? 孤独とうまく付き合おう

    9. 健康で働き続けるために知っておきたい3つのこと

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    2. 頭の良さは努力しても変わらないと思っている人は「多重知能理論」を知ってほしい

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 人生は辛いことも多い。でも、少しでも楽に生きたいなら「三毒」を離れること

    5. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    6. 秋冬の乾燥に立ち向かえ。みんなのカサつき肌対策

    7. 早く体重を減らしたい! 新陳代謝UPのためのシンプルな方法15

    8. 盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

    9. 「頑張ります!」はバカっぽい? 語彙力を高めて教養がある大人になるために

    10. がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

    自慢できる学歴や役立つ資格がないなら。自分の強みを「プロ化」して活かそう

    FBからも最新情報をお届けします。