1. Home
  2. キャリア
  3. 「100回断られる」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話

「100回断られる」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話

1,635

shutterstock_563602192-1

——ライフハッカー[日本版]より転載

俳優は「オーディションすべてに受かることはない」と言います。アーティストや物書きタイプ、そうでなくても仕事を探している人であれば、落とされることががあまりにも辛くて、応募するのをやめたくなる気持ちがわかるのではないでしょうか。ソーシャルメディアやストリーミングTVがとても心安らぐのは、そこでは得るものが何もないからです。

しかし、落とされることや断られることを目標にしたらどうなるでしょう?

これはライターのKiki Schirrが、今年の年頭にはじめたことです。彼女は、自分が興味のあるものには、手が届きそうもないと思えるものもすべて、あらゆるものに応募して、2018年中に100回断られることを目標にしました。

そして、断られる度に、それは自分が目標に向かっている証拠だと考えるのです。最初に断られたのは1月12日でした。


しかし、5月末にSchirrは目標に到達するのは難しいかもしれないとツイートしています。断られると思っていたものに、受かることが多くなったのです。

もちろん、思いがけない成功を手にすることになったので、これはとてもいいことです。インポスター症候群の人もいますから。

自尊心が低いことで悩んでいる人は、Schirrのサクセスストーリーに自信がわいてくるかもしれません。100回断られるとしたら、ただ運がいいだけだとしても、それまでに10回は受かるはずですから。

Schirrがどのような人か知りませんが、おそらくあらゆる面で才能のある人で、失敗はそこまで深刻なものではないのだと思います。ただ、自分の断られることや失敗に対する向き合い方を、間違いなく考えさせられました。

断られたことをいちいち自分の価値が全否定されたと感じていたら、痛手を和らげることはできませんよね? おそらく、断られることをゲーム的に単に数字としてとらえることで、数々の小さな挫折の痛みに対する免疫ができるのです。

ですから、今月、今夏、今年、いつからどれくらいでもいいですが、もっと断られることを目標にしてみましょう。

何度か断られると、そこまで大した問題だと思わなくなります。そして、余った精神的なエネルギーを、執筆や、オーディションや、履歴書の見直しなど、他のもっと有効なことに使うことができます。

もしくは、より大きな、より良い失敗を目指せば、運が良ければ受かることもあるかもしれません。失敗の数が足りないということは、挑戦の数も足りていないということですからね。

Image: Beer5020/Shutterstock.com/Source: Wikipedia, Twitter(1, 2)/Leigh Anderson - Lifehacker US[原文]/訳:的野裕子 [ライフハッカー[日本版]

▼ Sponsored

【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?……YES!

仕事時にぴったり、といわれながら、多機能すぎて使いこなせるのかどうかと、ハードルの高さを感じる女性も多いスマートウオッチ。そこで、編集部員が実際に着...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/citizen_eco-drive_w410.html?test2018_01

先生教えて! この汗、イライラ……まさか「プレ更年期」?

イライラや気分のムラ、謎の汗……。認めたくないけど、これは「更年期」のはじまり? そんな不安を抱えた30〜40代のカフェグローブ編集部員たちが、産婦...

https://www.cafeglobe.com/2018/09/inochinohaha.html?test2018_01

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    2. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 新しく習得したいことがあるなら。独学のプロいわく「まず20時間」

    7. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    8. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    9. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    10. ダルさや肌荒れは大好きな食べもののせい? 遅延性アレルギーを調べてみた/AVIの「工夫美容」#07

    1. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    2. 「正しく生きるな、賢く生きよ」。世界中で愛読されている名作から学ぶ人生訓

    3. 19時の「チーズひとかけら」が早起き習慣をつくる

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    6. 普段の食事+アーモンドで3kg減? 慶應義塾大学教授の検証試験結果がすごい

    7. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    8. ぐっとおしゃれに。メガネ選びのポイント3つ/青木貴子の「仕事の洋服」#05

    9. 【緊急座談会】スマートウオッチ、使うべき?......YES!

    10. ヘアケアだって印象管理。大人の品は艶髪でつくろう

    1. 給料低いなぁ......とぼやいてるなら、「給与2.0」マインドを取り入れよう

    2. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    3. 本当に二日酔いに効く5つの対処法と、やってはいけない4つのこと

    4. アマゾンって、なんであんなに売れてるの? 一人勝ちの理由

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. ピーナツと昼寝が、死亡リスクを下げる理由

    7. 自分の貯金額は多いのか少ないのか。現実はコチラ! #ホンネ調査

    8. 「口癖」を見直すだけで、不幸な人間関係から脱出できる

    9. 始めるなら、今! アルツハイマー病を防ぐ4つの戦略

    10. 先生教えて! この汗、イライラ......まさか「プレ更年期」?

    「100回断られる」ことを目標にしたら、逆に成功するようになった話

    FBからも最新情報をお届けします。