1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

2,966

01(1)

——マイロハスより転載

白状します。私はたぶん地球上でもっとも水分不足の人間です。元アスリートでアウトドア愛好家だけど、なんの変哲もないただの水を飲むのが本当に嫌いなんです。

shutterstock_428047612

Image via Shutterstock

H2Oが嫌いなことについて言い訳をするつもりは全然なくて、なぜなら大した理由はないから。好き嫌いの激しい子どもだったので、無味無臭の水よりも冷たいピンクレモネードを選ぶような、こだわりの強い大人に成長したのかも。

それはともかく、もっとたくさん水を飲んだほうがいいとみんな大騒ぎしているけれど、実際のところどうなのか。

それを知りたくて、30日間、毎日1ガロン(約3.7リットル)の水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジにトライすることにしました。

1週目:1ガロンの水を飲むのは簡単ではない

shutterstock_1033632163

Image via Shutterstock

1か月間、水を入れた1ガロン容器を常に肌身離さず、仕事に行くときも持ち歩いていたけど、毎日ぜんぶ飲みきってはいませんでした。思ったよりもかなり難しい!

まず拷問に近い。突然体内に大量の水が流れ込み、お腹がパンパンになった感覚。デスクで仕事している時間よりも、トイレへの往復に費やす時間のほうが長かったのでは? 午後の犬の散歩も最初は楽しくても、最後はおしっこをがまんしながら走って家に戻るはめに。

快適だったとはあまり言えませんが、脱水症状が改善されたらきっとよく眠れるようになるし、ジャンクフードを食べる量が減って、肌もきれいになって、おまけにエネルギーもアップするにちがいないという期待を胸に、チャレンジを続行。

2週目:おやつに大きな変化が

shutterstock_564214408

Image via Shutterstock

2週目がはじまる頃も、まったく変化は感じませんでした。とにかく水でお腹がいっぱい。うんざり。

ところが、食事に関しては実際よい選択をするようになったと気づきました。これまでは甘いものに目がなくて衝動買いばかりしていたのに、ただの水を飲むことに意識を集中して10日ほど経ったら、ソフトキャンディの代わりにリンゴやサクランボを手に取るように。

水分ダイエットのおかげで、食事に関しては少し大人の選択ができるようになったということでしょうか。たぶんそうなのかも。

前よりもエネルギーはアップしてないし、ぐっすり眠れてもいないけど、食事に関しては少しですが明らかに改善が見られました。

3週目: いつも水が飲みたくなる

02

3週目にさしかかると、猛烈に喉がかわくようになりました。体内に十分な水が行きわたっていないような気分。473mlのボトルを一気に飲み干してもまだ足りない。

また、味の濃いものは欲しくなくなりました。ときどきピンクレモネードを少し飲んだけど、身体が「水! 水!」と叫んでいるような感じがして、ガロン容器に長いストローを突っ込んで午後中ずっと座って水を飲んでいてもいいくらい。

4週目:はたして健康へのメリットは?

shutterstock_286774412

Image via Shutterstock

1か月におよぶチャレンジが終わる頃には、期待していたような健康のメリットが全然なかったことにがっかり。

相変わらず夜はよく眠れないし、ストレスを感じるたびに肌が荒れる。でも前よりもヘルシーな気分にはなりました。

食生活はよくなったし、あきらかにこれまでの人生でもっとも水を飲むようになりました。

shutterstock_261247157

Image via Shutterstock

最近わたしはコーヒーをやめました。うまくいくかどうか心配だったのですが、カフェインたっぷりの朝のお供を水に変えてみたところ、切り替えが少しだけ楽でした。

ガロン・ウォーター・チャレンジに参加した人たちが言うようなエネルギーアップには気づかなかったけど、当初予想していた「朝コーヒー飲むまでは死んでる状態」にはならなかった。これはよかったことのひとつ。

チャレンジはこれで終了。1ガロンの水を飲み続けようとは思わないけど、それはトイレに行く以外のことがいろいろできるからというだけ。以前のように、悲しくなるくらいちょっぴりしか水を飲まないという状態に戻ることはないですね。

ただのありふれた水で、こんなに満足できるなんて思いもしませんでした!

【このチャレンジついて、栄養士の意見はこちら】毎日3.7リットル水を飲むガロン・ウォーター・チャレンジについて、栄養士の見解

Kris Rile/I Drank a Gallon of Water Every Day for a Month and This Is What Happened/訳 Maya A. Kishida[マイロハス]MYLOHAS編集部

▼ Sponsored

がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

19歳? 25歳? 35歳? 40歳? いったい何回曲がればいいのか、お肌の曲がりかど……。同志たちがしたためた、ちょっぴり笑えてなんだか胸アツな「...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/kose_the_wrinkless.html?test2018_01

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

忙しい毎日、少しでも自由な時間を増やしたい——。 カフェグローブ読者にアンケートを実施したところ、 意外なところで時間がかかっていることがわかりまし...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/nanox.html?test2018_01

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 人生は山あり谷あり。思い通りにいかなくても賢明なことを行えば、明日はきっとうまくいく

    6. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    7. 充実したプライベートを過ごすための5つのTO DO /まとめ

    8. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    2. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    6. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    7. Google流コミュニケーションで、「会社にいるだけで疲れる」をなくそう!

    8. 高齢者に起きる身体的な変化を知ることがカギ? 『老いた親との上手な付き合い方』

    9. ズボラでもできた! 人生が好転するクローゼットづくり

    10. できないことが多くても、落ち込まなくていい理由

    1. 身長100cmで2児の母。ハンディキャップとともに、自分らしく生きる

    2. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    5. 上司にイラッ、後輩にムカッ、肌荒れにガクッ。そんな気分を跳ね返す最強アイテムはコレだ!/ストレス解消座談会

    6. 「AIスコア診断」で、自分の信用度を数値化してみた

    7. 「老け見え」排除のポイントはここ! 日本初のアプローチが私たちを救う

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「突風にでも吹かれたの?」 仕事で出会った、ちょっと残念な人エピソード

    10. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    30日間、毎日3.7リットルの水を飲んでみてわかったこと

    FBからも最新情報をお届けします。