1. Home
  2. キャリア
  3. 新しいアイデアは多くのビジネスモデルを知ることで生まれる?

新しいアイデアは多くのビジネスモデルを知ることで生まれる?

仕事の本棚

1,280

社内の小さなプロジェクトであっても、新しいビジネスを立ち上げるということは至難の技です。そのまえに、世の中に溢れる優れたビジネスモデルを、一挙に知りたいと思う心は、横着なのでしょうか。

book_business

近藤哲朗著『ビジネスモデル2.0図鑑』 は、 「すごい100個のビジネスモデル」を図解したものです。

注目されているスタートアップだけではなく、海外では有名だけれど日本では知られていないユニコーン企業や大企業が新たに始めた新規事業など、バラエティ豊富。

著者は、株式会社そろそろの代表取締役で、面白法人カヤックで出会った仲間たちと現在の会社を創業。社会課題の解決を目的とした事業や組織を応援する活動をしています。

新しいアイデアに必要な2つの視点

現代を取り巻くビジネスの世界が、ものすごい勢いで変化していることは肌で感じるところ。

これまでやっていたあたりまえが急に通用しなくなるなんてことは、もはや日常茶飯事です。永遠に通用するビジネスモデルは、存在しません。

・ビジネスモデルは思考バイアスを生みやすい
・ビジネスモデルは模倣されやすい

これらの指摘を乗り越えるためには、「ビジネスモデル2.0」の視点が重要。「逆説の構造」「今の業界の定説を覆す」要素を持っていることがポイントになってきます。

多くの優れたビジネスモデルを、一挙に知る

本著は、どの部分が新しいのか、100個のビジネスモデルを代表的な経営資源であるヒト・モノ・カネ・情報の4つに分類し、解説しています。

たとえば、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」で有名な株式会社ZOZO。話題になった、着るだけで全身24か所の寸法をスマホで採寸できるボディスーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」は、新たなテクノロジーを使う「情報」に分類されます。

図解を見ることで、ZOZOSUITのビジネスモデルがいかに優れたサービスであるか、一目瞭然でわかります。

新しいアイデアは、多くのビジネスモデルを知ることから湧き出してきそうですね。

ビジネスモデル2.0図鑑

著者:近藤哲朗
発行:KADOKAWA
定価:2,600円(税別)

※一部記事を訂正いたしました。(2018年11月15日)

▼ Sponsored

盲点でした。1日をおよそ25時間にする方法

忙しい毎日、少しでも自由な時間を増やしたい——。 カフェグローブ読者にアンケートを実施したところ、 意外なところで時間がかかっていることがわかりまし...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/nanox.html?test2018_01

がんばれ、私たち。愛と悲哀のスキンケア川柳

19歳? 25歳? 35歳? 40歳? いったい何回曲がればいいのか、お肌の曲がりかど……。同志たちがしたためた、ちょっぴり笑えてなんだか胸アツな「...

https://www.cafeglobe.com/2018/11/kose_the_wrinkless.html?test2018_01

ナカセコ エミコ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    3. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    8. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    9. 冬の隠れ悩み「デリケートゾーンのかゆみ」には正しいケアを

    10. 語彙力とは「言い換え力」である。ビジネス会話で意識したい2つの軸

    1. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    2. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    3. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    4. 仕事が終わらないとき、生産性を上げることを考えるまえにするべきこと

    5. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    6. 肌もボロボロになる? 女医に聞いた「花粉症の噂」の本当のところ

    7. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    8. パートナーが、都合よく話を作っていない? 専門家が教える“感情的虐待”のサイン7つ

    9. 「運気も肌も輝いている人」にならおう。ハッピーオーラをつくる5つの方法/春先美肌座談会[後編]

    10. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    1. その筋肉痛、心臓発作の前兆かも? 見逃しやすい8つの症状

    2. 体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら......

    3. 誰かに教えたくなるやばい日本史。歴史上のあの人物には裏の顔があった!

    4. あなたの「怒りタイプ」がわかる。アンガーマネジメント診断

    5. 子どものスマホデビュー前に確認しておきたい注意点とポイント

    6. 女医さんに聞く、 誰にも聞けないデリケートゾーンのトラブル解決法

    7. 内向的な人でもきっとできます。「ゆるい人脈」の作り方

    8. Sexが痛い!婦人科医からの性交痛治療アドバイス [The New York Times]

    9. 「やりたい仕事よりも、まずは求められる仕事をしよう」。心に留めておきたい林修先生の仕事論

    10. 当てはまるものが1つでもあるなら、新しい仕事を見つけたほうがいいかも?

    新しいアイデアは多くのビジネスモデルを知ることで生まれる?

    FBからも最新情報をお届けします。